ほとんどの夏祭り、花火大会は3年後に戻ってきます

コロナウイルスの規制が解除され、日本の夏を彩る伝統的なお祭りや花火大会が3年ぶりに開催されます。

NHKは全国38の主要イベントの主催者に投票しました。 26のイベントの主催者(68%)は、今年の夏に3年ぶりに開催されると述べています。

青森の青森ねぶたまつり、京都の祇園祭、福岡の博多祇園山笠などは、大流行前とほぼ同じ規模で開催されます。

青森祭りは巨大な提灯の山車が特徴で、京都のページェントは背の高い装飾された山車のパレードがあります。 福岡のイベントは、山車を背負った人々の賑やかな行列で知られています。

新潟県の長岡花火大会や秋田県の大曲花火大橋など、大勢の人で賑わう主要な花火大会も3年ぶりに復活します。

昨年開催された5つのイベントの中には、仙台七夕まつりと徳島の阿波おどりがありました。 主催者によると、今年のフェスティバルは規模が大きくなるとのことです。

パンデミックが治まり、旅行やその他の制限が解除されたにもかかわらず、7つの主要な花火イベントが3年連続でキャンセルされました。

東京の隅田川花火大会と岐阜の長良川花火大会の主催者は、イベント会場が混雑することは避けられないと述べています。


旅行ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ほとんどの夏祭り、花火大会は3年後に戻ってきます
Source#ほとんどの夏祭り花火大会は3年後に戻ってきます

Leave a Comment