はやぶさ2は生物にとって重要と思われる物質を持ち帰った

2020年後半に小惑星から地球に持ち込まれた日本のはやぶさ2宇宙探査機のサンプルから20種類以上のアミノ酸が検出された、と当局者は月曜日に言った。

発見された酸は生物にとって非常に重要な物質であり、生命の起源を理解する手がかりになる可能性があると文部省当局者は述べた。

2020年12月、はやぶさ2によって6年間のミッションで運ばれたカプセルが、3億キロメートル以上離れたリュウグウ小惑星から5.4グラム以上の表面物質を地球に運びました。

リュウグウの探査機は、太陽系と生命の起源の謎を解き明かすことを目的としていました。 サンプルの以前の分析は、水と有機物の存在を示唆していました。

サンプルの本格的な調査は、2021年に宇宙航空研究開発機構と東京大学や広島大学を含む全国の研究機関によって開始されました。

アミノ酸はたんぱく質を作る物質であり、生命に欠かせないものです。 …読み続けて


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

はやぶさ2は生物にとって重要と思われる物質を持ち帰った
Source#はやぶさ2は生物にとって重要と思われる物質を持ち帰った

Leave a Comment