ついに韓国の外務大使が日本の外相に会う

二国間関係に詳しい筋によると、木曜日に駐日する韓国大使は、戦時中の関係が崩壊し、領土問題が彼らの会合を妨げたため、ホスト国の外相と初めて会談した。

姜昌一駐日韓国大使は、昨年1月に就任した林芳正外相とついに会談した。 カン氏は、1年半の在任期間中、日本の外相や首相と会談したことは一度もない。

姜昌一 (共同通信)

短い出会いの中で、二人は両国の関係の将来の方向性について話しませんでした、林は単に彼の奉仕に対してカンに感謝しました、と情報筋は言いました。

文在寅元韓国大統領の下で、戦時中の強制労働であると主張する韓国人からの補償要求を含む、日本の1910年から1945年の朝鮮半島の植民地支配に起因する紛争をめぐって、東京とソウルの関係は数十年で最低レベルに沈んだ。

問題には、日本の戦時中の軍の売春宿のために調達された「慰安婦」の問題も含まれます。

隣接する2か国も、日本の竹島と韓国の独島として知られる、ソウルが支配し、東京が主張する小島をめぐって対立している。

月に任命されたカンは、月の後継者である尹錫淑(ユン・ソクヨル)が5月10日に就任した後、すぐに尹徳敏に交代する予定である。

以前に韓国国立外交アカデミーを率いていたユンは、日本で精通した外交政策の専門家として知られています。 彼は、岸田文雄首相や日本の高官と会談するために、4月下旬に当時の韓国大統領エレクトユンが東京に派遣した代表団の一員でした。


関連する報道:

日本、韓国は「緊急の課題」として関係の改善を確認します

日本の外務大臣、次の韓国のカウンターパートは関係を修復することを誓う

岸田文雄首相、ユン代表団はより良い日本-Sを求めることに同意する。 韓国のネクタイ


。ついに韓国の外務大使が日本の外相に会う
Source#ついに韓国の外務大使が日本の外相に会う

Leave a Comment