『恋の鈍刃と伊勢舞』・伊勢音頭恋のネタば解説(1796年)

1796 年に書かれ、大阪の角の芝居で初演された伊勢音頭恋のネタバ (「伊勢の踊りと恋の鈍刃」) は、世話物のレパートリーの中で最も愛されている作品の 1 つであり、上方と上方の主要な演技の伝統があります。そして東京。


エンターテイメント ページ: 1 | 2 | 3

『恋の鈍刃と伊勢舞』・伊勢音頭恋のネタば解説(1796年)
Source#恋の鈍刃と伊勢舞伊勢音頭恋のネタば解説1796年

Leave a Comment