「慰安婦」犯罪の日本からの謝罪を求めて闘うフィリピン人「ローラス」

© 新華社提供

フィリピンの「慰安婦」被害者である年老いた「ローラス」は、日本からの謝罪を求めて奮闘している。 「私は立ち止まらない。もし私が死んでも、私の子供や孫は戦いを続けるだろう。私たちが経験したことを次の世代に経験させたくないので、私たちは戦争を放棄し続けるだろう」とローラは言った.

マニラ、8 月 14 日 (新華社通信) — 第二次世界大戦中に日本軍によって性奴隷にされたフィリピン人女性の 1 人として、パンパンガ州出身のイサベリタ ビヌヤさんは、日本政府からの正義を期待して生きてきました。 80年近く前の大規模な暴力。

2021 年 11 月 23 日、ビヌヤさんが肺炎で 89 歳で亡くなったとき、「慰安婦」としての彼女の試練に対する謝罪の補償を受け取るのに十分な長さまで生きるという希望は失われました。

日本の戦時中の残虐行為の多くの犠牲者と同様に、ヴィヌヤは正義を見ることなく亡くなりました。 タガログ語で祖母を意味する「ローラ」は、年老いたフィリピン人「慰安婦」被害者のグループを指します。 Vinuya に起こったことは、他の Lolas にも起こる可能性があります。

ロラスが正義を求めるのを支援する非営利団体「リラ・ピリピーナ」(フィリピン祖母連盟)のコーディネーターであるシャロン・シルバによると、日本がフィリピンを占領したとき、1,000人以上のフィリピン人女性が日本の侵略者の性奴隷として働くことを余儀なくされた. 1941 年 12 月から 1945 年 8 月の敗北まで。

2012年、8月14日は「慰安婦」のための第11回アジア同盟会議によって「慰安婦」の国際記念日に指定されました。

フィリピン人の被害者のうち、174 人がリラ ピリピーナのメンバーになり、他の約 90 人は 1990 年代の経験を公表したときにマラヤ ロラスとしてグループ化されました。

ローラ一家は現在 90 代で、その多くは病弱で貧しい人々です。 シルバは、生きている犠牲者の数を話すことを拒否した.

© 新華社提供

フィリピンの首都ケソン市にある「リラ・ピリピーナ」のオフィスは、ロラスの小さな記念館です。 壁全体がローラの写真で覆われており、日本軍が犯した凶悪な犯罪について静かに不平を言っています。

シルバは新華社に、ロラスが受けた残虐行為は恐ろしいものだったと語った。

「ローラ・エステリタの場合、彼女は13歳の少女で、日本の軍国主義者に捕まって家に連れてこられ、そこで約3週間『慰安婦』になった」とシルバは述べた。別の犠牲者は、彼女と他の2人の姉妹が駐屯地に連れて行かれる前に、彼女の目の前で家族の虐殺を目撃しました.

恐ろしい性的暴力により、ロラスは精神的にも肉体的にも悪夢のような記憶、生涯にわたる障害、重度のトラウマを残しました。

「彼らは仕事を得たことがありませんでした。法的に結婚したことがない人もいました。ほとんどの人は旅行したことがありませんでした。子供がいない人もいました」とシルバは言いました。

「彼らの多くは本当に貧困から抜け出すことができませんでした」と彼女は付け加えました。

シルバにとって、ローラの数が減っていることは、彼らが死ぬまで、日本政府からの公式かつ誠実な謝罪を待つことができないかもしれないことを意味します.

「彼らは正義を求めています。何よりもまず、日本政府からの謝罪です。また、この歴史は、若者が学び、記憶できるように、歴史の教科書に反映されなければなりません」とシルバは言いました。

© 新華社提供

2017 年 12 月、マニラ湾のほとりに「慰安婦」の記念碑が建てられ、日本政府から強い抗議が寄せられました。

4 か月後、この像は東京の絶え間ない外交圧力の​​下で撤去され、像を建てた芸術家は脅迫さえされました。

Silva 氏によると、ラグナ州にある別の「慰安婦」像も、日本政府の圧力により、設置からわずか 3 日後に撤去を命じられたという。

近年、日本の一部の勢力は、明らかに日本の侵略の歴史をごまかすために、「慰安婦」の強制徴用を否定し続けている. シルバは、日本が歴史を歪曲する教科書を採用することで、若い世代の頭にねじれた歴史を教え込み、第二次世界大戦における日本の役割について誤った歴史観を彼らに残してしまっているのではないかと心配している.

「日本の平和主義憲法の平和条項を回避しようと長い間試みてきたと思う.

「これ以上戦争があってはならない」と彼女は付け加え、一部のロラスは常に若い人たち、特に若い女性たちに、あらゆる種類の植民地戦争に警戒して、彼らの悲劇が二度と起こらないようにしようとしている.

© 新華社提供

92 歳の Estelita Dy さんは闘いを続けています。 80年近くが経過しましたが、彼女が受けたトラウマ的な秩序は、繰り返される悪夢のように彼女を悩ませ続けています.

1944 年、14 歳のディは、フィリピン中部のバコロド市の市場で野菜、卵、鶏肉を売っていたところ、日本兵に誘拐されました。

「レイプされるたびに、ただ泣いて、手で目を覆っただけだった」とダイは新華社とのインタビューで声をひび割れながら思い出した。 「一度、兵士に頭を強く打たれたので、3 日ほど気絶しました。」

[1945年、ディは故郷を離れてマニラに行くことを決めました。彼女が村に留まれば、彼女の命令が人々に知られてしまうのではないかと恐れたからです。フィリピンの首都で、ディは働き、苦い経験を​​忘れようとしました。

マニラにいる間、Dy は結婚して 6 人の子供をもうけましたが、日本の性的暴力の他の被害者から証言を聞くまで、過去のトラウマについては黙っていました。

他の犠牲者と同様に、ダイは拒絶されることを恐れて戦時中の秘密を守った。 「レイプされたことを恥じていたので、自分に起こったことを夫には話しませんでした」と彼女は言いました。

1993 年になって初めて、彼女は勇気を出して公の場に出て戦時中の命令を伝えました。

彼女の貧困と虚弱な健康状態にもかかわらず、Dy は、日本政府に正式な謝罪と補償を要求するために、他の Lolas とのフォーラムや抗議集会に精力的に参加してきました。

現在、彼女は娘たちと一緒にマニラのマラボン地区にある小さな家に住んでおり、毎日の食事と医療費を子供たちに頼っています。

「私は立ち止まらない。もし私が死んだら、私の子供や孫は戦いを続けるだろう。私たちが経験したことを次の世代に経験させたくないので、私たちは戦争を放棄し続けるだろう」とディは言った。

.「慰安婦」犯罪の日本からの謝罪を求めて闘うフィリピン人「ローラス」
Source#慰安婦犯罪の日本からの謝罪を求めて闘うフィリピン人ローラス

Leave a Comment