NFTを使用して音楽著作権システムを簡素化する日本のスタートアップ

しかし、TMにとってNFTはNGAFAIKです。

最近、代替不可能なトークンやNFTについて多くの話があり、自分が所有していないデジタルアートにお金を払うという概念を「ばかげている」と呼ぶ批判がたくさんあります。 しかし、すべての醜い類人猿とジャック・ドーシーのつぶやきを超えて、この概念のための他のより有用なアプリケーションもあります、そして ABCレコード 見つけたかもしれません。

「AuthorizedBootlegCommunityRecords」の略で、ABCRECORDSは、誰でもNFTを介してオリジナルのクリエイターからデジタル音楽ソースを直接購入できるデジタルマーケットプレイスを設立しています。 いつものように、 NFTの所有者は音楽の著作権を持っていませんが、このサービスを通じて、NFTの商業的権利を取得します。

NFTを購入すると、所有者はすぐに、ビデオのバックグラウンドミュージックなどの独自のソーシャルメディアプロジェクトで音楽を使用する独占的権利を取得します。 音楽の商業的権利は、著作権所有者に直接提出された申請書をクリックするだけで、ABCRECORDSから簡単に取得することもできます。

所有者はNFTを自由に転売することもできますが、そうすると、それに付随する権利が失われます。 そして、素晴らしい追加ボーナスとして、 NFTの価値が上がった場合、元の作成者は、ブロックチェーンで行われるすべてのおかげで、再販価格の割引を受けることが保証されます

このサービスは、日本のエンターテインメントエージェンシーであるAllentertainmentと、80年代にDJとしてスタートし、既存の著作権システムで音楽をサンプリングすることのフラストレーションをよく知っているデザイナー兼音楽プロデューサーの藤原ヒロシによって作成されました。 たとえば、サンプルを使用する許可を求めるために適切なチャネルを追跡するという忙しい作業に加えて、彼はまた、別のプロジェクトで使用されるたびに戻って許可を要求する必要があります。

▼写真撮影前にコーヒーを飲みすぎたかもしれない藤原ヒロシ

ABCRECORDSのフォーマットは、それを商用利用のための単一のアプリケーションに合理化します。また、使用はNFT所有者に限定されているため、音楽作成者がリクエストに殺到し、それぞれを調べて精査する必要がなくなります。

今後、この野心的なプロジェクトのためにさらに多くの機能が計画されていますが、ABCRECORDSはまず、成功するために十分な数のユーザーコミュニティを集める必要があります。 このサービスは5月26日に開始され、最初の3曲は藤原自身が作成したものです。 各トラックの10の異なるバージョンが、26日から28日までの24時間オークションに出品されます。これらは、NFTであるため、すべての入札は暗号通貨Etherで行う必要があります。

このアイデアが実を結ぶかどうかはまだわかりませんが、NFTの可能性を活用する興味深い方法であり、著作権の所有権と執行の濁った水域を更新および簡素化するのに本当に役立つ可能性があります。 これは、音楽業界で成功するためのセイジのチケットになるかもしれません。

ソース、画像:ABCRECORDS
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

NFTを使用して音楽著作権システムを簡素化する日本のスタートアップ
Source#NFTを使用して音楽著作権システムを簡素化する日本のスタートアップ

Leave a Comment