Lindt Japanは、桜のスイーツに新しい桜のデザートドリンク、マカロンを添えています。

スイスのショコラティエの日本支社は、桜のお菓子の季節にペダル/花びらを金属に保ちます

先月、スイスのショコラティエを食べました Lindt’s 初めての桜風味のリンドールチョコレートで、今でも美味しいものを味わうことができます(デザートを常に考えていることもあれば、十分に購入して残りが残っていることもあります)。 しかし、思い出や大量に購入した備蓄はそれほど長くは続かないので、私たちはそれを知ってうれしいです Lindtが3つの新しいさくらのおやつをリリースしました

束の中で最も目を引くものから始めましょう、 さくらキャラメリゼチョコレートドリンク。 これはデザート飲料です ホワイトチョコレートベースに2種類のさくらんぼを混ぜ、桜の花びらを散りばめたピンクのキャラメルフレークと桜の形をしたチョコレートをトッピング。 明確なものもあります さくら柳 Lindtによると、食欲をそそる光沢のある外観を与えるのに役立ちます。

さくらキャラメリゼショコラドリンクに参加するのは2種類あります デリス、リントがそのテイクを呼び出すように マカロン

最初の、と呼ばれる デリスさくら、の混合物があります 桜のピューレ、ホワイトチョコレートのガナッシュクリーム釉薬、さくらシロップ ビスケットのピースの中に挟まれています。

2番目は デリスさくらの葉、そしてこれは持っていることによってその名前に忠実です 塩漬けの桜の葉 ガナッシュに混ぜました。

3つのうち、 デリスサクラリーフは、サクラ菓子や日本語学の分野の純粋主義者にとって最も喜ばれる可能性があります。 「さくら」は確かに「桜」と訳されますが、桜の実を指すものではありません。 「さくらんぼ」の日本語は さくらんぼ、そしてさくらと呼ばれる木は、特に非実を結ぶタイプです。 そのため、日本の食通にとって、さくら味とさくらんぼ味は必ずしも同じものではありません。 桜の花びらや葉は食用であり、塩で保存されることが多いため、桜の風味は一般的に、塩辛い仕上がりでほんのわずかな花/ハーブのタッチの甘いものを意味するものとして受け入れられています。

とは言うものの、リントが3つの新しいスイーツすべてに使用している「サクラソース」は、日本の食通がサクラの名前に期待するフレーバーである可能性があります。デザートを楽しんでいると、これらのどれもが非常においしいとは想像しがたいです(そして、あなたがハードケースの言語学者であれば、本物のサクラ風味のサクラのお菓子もたくさんあります)。

デリスさくらとさくらの葉はそれぞれ302円(2.60米ドル)、キャラメリゼショコラドリンクは780円。 3つとも全国のリンツショコラブティック&カフェ店(店舗を除く)で販売されており、4月3日まで、または在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。

出典:Entabe経由のPR Times
上の画像:PRタイムズ
画像を挿入:PR Times、Lindt
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

Lindt Japanは、桜のスイーツに新しい桜のデザートドリンク、マカロンを添えています。
Source#Lindt #Japanは桜のスイーツに新しい桜のデザートドリンクマカロンを添えています

Leave a Comment