Kojiconは日本料理の定番にスポットライトを当てています

あらゆる種類の料理ブームを宣言することは、無駄ではないにしても、不確実な作業です。 これは特に日本料理に当てはまります。日本料理は、国際的な料理の伝統にシームレスに浸透し、世界中で絶え間ない「ブーム」の状態にある料理、食材、調理方法を備えています。 たとえば、ラーメンは20年近くにわたって世界的に「活況を呈している」。

しかし、時には、「ブーム」の称号に値する傾向があります。少なくとも、世界的な舞台で急成長している人気について言及する必要があります。 そして今、それは こうじ

麹菌とも呼ばれる麹菌は、日本酒、醤油、味噌などの主原料である韓国、中国、日本の料理の伝統で使用されているカビです。 しかし、ジェレミー・ユマンスキーとリッチ・シーが2020年5月に出版した本「コージー・アルケミー」に書いているように、「機能的には、コージーは日本料理やそれを使用する他のアジア料理とは関係ありません」。 そして、日本国外の多くのシェフが神秘的な、またはサンダーエリズカッツが本の前に書いているように、過去数十年のコージーの「変革力」に取り組んでいる間、この製品は家庭のキッチンやメニューに前例のない飛躍を遂げました近年の世界。

パンデミックの間、自炊式の料理人は、こうじを含む家庭での発酵方法を実験し、こうじ愛好家の成長するコミュニティが形成され始めました。 これは、Shihによって作成されたハッシュタグである#kojibuildscommunityを中心としており、この記事の公開時点でInstagramに約20,000件の投稿があります。

そして今、ハッシュタグに触発されて、Kojicon 2022:Changing Food ForGoodがあります。 3月6日まで、コネチカットを拠点とする非営利団体であるイエローファームハウスエデュケーションセンターでは、世界中からコージの専門家や愛好家を集めて2週間の講演やイベントを行い、「カビベースの発酵への情熱を事実上共有」します。

2021年の冬、センターは最初のコジコンを開催し、39カ国から700人が参加しました。 今年は「こうじ錬金術」の作家とのコラボレーションで、ショーン・ドハティ、マリカ・グローン、ボブ・フローレンス、ヨンハ、佐藤天などのスピーカーが一堂に会します。 彼らは、小ロットの発酵物の作成、発酵が食品廃棄物と食品経路に与える可能性のある影響、さまざまな文化での発酵物の料理の使用など、さまざまなトピックに焦点を当てます。

こうじの人気は、他の何かの兆候かもしれません—日本料理の世界的な消費におけるより大きな複雑さとニュアンス。 食通の想像力をかき立てるのはもはやラーメンや寿司ではなく、カビが残っています。

COVID-19ガイドラインに沿って、政府は、居住者や訪問者がバー、レストラン、音楽会場、その他の公共スペースを訪れる場合は注意を払うよう強く求めています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。Kojiconは日本料理の定番にスポットライトを当てています
Source#Kojiconは日本料理の定番にスポットライトを当てています

Leave a Comment