JR東海と京都のお寺がタッグを組み、これまでにない最高にクールなお寺観光体験を実現

クラフト、プライベートアート鑑​​賞、プライベートレクチャー、限定ティーテイスティング…全部やりたくなる!

この夏やりたいことをお探しなら、これ以上探す必要はありません JR東海の「そうだ京都、いこう」 (「そうだ、京都に行こう!」)プログラム。 彼らはとペアになりました 建仁寺「京都五大禅寺」の一つであり臨済宗建仁寺派の本山である、建仁寺の歴史と文化を中心に展開する本当にクールな体験のセレクションを提供します。 日本語レポーターの江川佑さんが試食に行ったとき、彼は完全に圧倒されました!

プログラムは呼び出されます 京の陵探 (“Search for Cool in the Capital”)、そしてそれは 現在から 9 月 30 日まで利用可能. 建仁寺だけでなく、古都周辺の寺院や商店とも連携しています。 たすくは幸運にも建仁寺体験のプレス プレビューに招待されました。

建仁寺は、鎌倉幕府の2代将軍源頼家によって開かれました。 ホスティングで最もよく知られているかもしれません 屏風に描かれた有名な風神雷神図、 金色に輝く風神雷神図で、京都国立博物館より寄託された国宝です。 残念ながら一般公開はされていませんが、堂内に立派なレプリカが展示されています。

日本に住んでいてテレビを見たことがある人なら、「そうだ京都、行こう」キャンペーンのCMを見たことがあるかもしれません。 緑豊かな庭園と和室. (頭、電話、またはモニターを横向きにして、最適なビューを取得します。)

こちらも建仁寺の講堂近く。 建仁寺の内部を見学するだけでも十分満足できる内容ですが、「そうだ京都、いこう」プログラムはそれだけではありません。 素晴らしい中庭の景色を望むこの部屋を訪れることができるだけでなく、 床に寝そべり、天井に描かれた双龍を眺めながら、独り占め。. 境内にある塔頭寺院では、天井に巨大な龍の絵が描かれています。

たすくは講堂で横になり、二頭の龍の天井画を見上げる機会があった。 この部屋には、本尊である釈迦如来像が立っていて、とても荘厳な感じがしました。

彼らはセットアップした リクライニングチェアと数畳 座ってリラックスし、力強い絵を鑑賞しながら時間を過ごすことができます。 たすくは、時間をかけて勉強し、感謝するのは本当に素晴らしい方法だと思いました。

ツインドラゴンの絵は絶対に巨大だった. あまりにも大きいので、タスクは一体どうやって作ったのだろうと考え始めました。 堂外の30箇所に細かく分けて塗装し、完成後に持ち込んで天井に設置したそうです。 それがどれほど印象的かを理解するには、実際に見なければなりません。

鑑賞中はもちろん講堂が閉まっているので、独り占めできますが、時間が限られているので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。 この体験のチケットは 2,000 円 (US$15.19) です。

風神雷神屏風にもっと興味がある方は、ミニ風神雷神屏風DIYクラフトと国宝解説をお試しください。 建仁寺の特別室では、 風神雷神の絵の前に座って、国宝のレプリカを自分で作りましょう. この体験は4,500円です。

Tasuku は、DIY で生産できる品質に疑問を持っていたため、この製品について少し不安を感じていました。 オリジナルは素晴らしい芸術作品です。 たすくはどうやってそれを再現できるのでしょうか? しかし、資料が詰まった封筒が目の前に置かれた瞬間から、彼は興奮し始めました。

キットの中身はこんな感じ。

自分でパーツを切り出してのりで貼り合わせる必要がありましたが、説明書が付属していました。 本物の屏風を作るための指示のように読む、かなりクールでした。 の さまざまなパーツすべてが本当に高品質だと感じました また、各作品は異なる種類の紙質を持ち、プリントは非常に明るい. あなたが何かクールなものを作っているように感じました。

タスクは、これらの多くを作ることができなかったと想定しなければなりませんでした。 かなりの熱狂的ファンがコストを気にせずに作った同人誌(ファン漫画)レベルの話でした。 風神雷神屏風としては、おそらく最も精巧なミニ屏風でした。. Tasuku は、このような高品質のキットが他にあるとは考えていません。

最後に、プログラムは提供します 建仁寺境内の茶園で栽培されたお茶を使った講演会と茶会、 建仁寺の名庭「兆音亭」(上の写真の庭)と石庭の「〇△□の庭」(下の写真)。

また、建仁寺の枯山水庭園である大王園を鑑賞し、その設計者である宇賀谷由利氏のレクチャーを聞きながら建仁寺のお茶を楽しむこともできます。

体験で提供するお茶は、境内で栽培された普通の抹茶ですが、歴史のあるお茶なので、ぜひ味わってみてください。 建仁寺の開祖は源頼家ですが、実際に寺を組織・運営したのは、臨済宗の開祖とされる僧侶の栄西です。 栄西は中国の宋からお茶の種を持ち込んだと考えられています。 それまで日本では一般的ではなかった緑茶が人気の飲み物になった経緯. それが建仁寺が今日までお茶を栽培している理由です。

建仁寺のお茶は、境内外への持ち出しが禁止されており、通常はお寺関係者や近隣のお寺に縁のある方のみにお出ししておりますので、 訪問者がそれを味わうことは非常にまれです. 簡単なツアーでここまでできるなんて、本当にすごい! 抹茶好き、抹茶好きなら一度は試してみたい一品です。 お茶体験は1回6,000円。

もちろん、ガイドなしで寺院を簡単に見学したい場合は、購入することもできます。 1,600円セットで 建仁寺拝観券、京都市内のカフェやレストランで使えるスイーツやドリンクの引換券2枚、オリジナル扇子をプレゼント。

甘いたすくは、彼のプレスプレビューの一部として提供されました 伊藤久右衛門宇治抹茶で有名な人気スイーツ店。 彼はこれを試すことができた 見た目もおしゃれな抹茶アイス それはバドミントンのラケットのように見えました。彼は以前テレビで見たことがあり、以前に私たちのサイトでも取り上げました.

とても良かったので、たすくはもっと探しに出かけました。 祇園四条駅近くに伊東久右衛門の同じアイスクリーム店があるのを見つけ、同じように可愛らしい桜味のアイスクリームを注文。 フレーバーも数種類あるので、京都名物の和菓子を食べる際に重宝すること間違いなしです!

京の寮さがしの体験に参加したい場合は、公式ページをチェックしてサインアップしてください。 そして、この夏京都を訪れる予定があるなら、出発前に彼らの「隠れたカレー」を食べようとは思わないでください!

画像提供:JR東海
写真 © SoraNews24
関連:宗田京都・医光・建仁寺

● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebook と Twitter でフォローしてください!
[ Read in Japanese ]

JR東海と京都のお寺がタッグを組み、これまでにない最高にクールなお寺観光体験を実現
Source#JR東海と京都のお寺がタッグを組みこれまでにない最高にクールなお寺観光体験を実現

Leave a Comment