JALはパンデミックのピンチを理由に、第2四半期と第3四半期に20億円の純損失を計上

日本航空は、火曜日に9月に終了する6か月間で21億1000万円(1422万ドル)の純損失を計上し、COVID-19の第7波の間に旅行需要が一時的に回復するのに苦労したため、3年連続で赤字を報告しました国内での感染。

しかし、JAL によると、5 月のゴールデンウィーク休暇中の好調な国内旅行の恩恵を受けて、前年同期の 1,049 億 8000 万円から大幅に損失を縮小した、と JAL は述べた。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

JALはパンデミックのピンチを理由に、第2四半期と第3四半期に20億円の純損失を計上

Source#JALはパンデミックのピンチを理由に第2四半期と第3四半期に20億円の純損失を計上

Leave a Comment