JALのシステムにより、空の旅がより簡単になり、セキュリティチェックのためにラップトップ、液体をバッグに入れることができます

乗客はできる コンピューターと液体は、実際に使用するまで機内持ち込み手荷物の中に入れておきます、新しいシステムのおかげで。

ラップトップを飛行機の機内に持ち込むことは、便利なテクノロジーの見事な組み合わせであるように思われます。これにより、仕事のプロジェクトを進めながら空中を舞い上がり、クリエイティブな文章を書いたり、SoraNews24 を読んだりすることができます。 もちろん、そのフライトの前に、ラップトップを機内持ち込み手荷物から取り出し、ケースから取り出し、デバイスを飛行前のセキュリティチェックに通過させ、その後プロセス全体を一度逆にするという手間がかかります。空港スタッフがOKを出します。

JALのおかげで、今ではその不便さを回避する方法があります. 航空会社は、それが呼び出す新しい X 線 CT 検査システムを開発しました。 JALスマートセキュリティ どれの 検査中にラップトップを機内持ち込み手荷物の中に入れておくことができます。また、他のいくつかの巧妙なアイデアを利用して、できるだけスムーズかつストレスなく搭乗ゲートに移動できます.

レイアウトはJの字型で、機内持ち込み手荷物とジャケットの試着スペースが最初に3か所あります。 ラップトップに加えて、許可されている液体の入ったボトルもバッグの中に入れておくことができます. トレイを前方にスライドさせて(幅方向であることを確認して)ローラーに乗せると、ラインを下って検査ポイントに向かいます.

カーブした開始セクションは、トレイが最初に満たされ、金属探知機を通過できるようにすることで、ボトルネックを防ぐように設計されています。 問題がなければ、反対側で持ち物を取り出して、ラップトップや液体を再梱包することなく、途中で移動できます.

東京の 羽田 は、JAL がこのシステムを使用する最初の空港であり、今月のプログラムの拡大のおかげで、今では 12 のスマート セキュリティ ラインがあります。 ターミナル1 (南ウイング保安検査場Bに4個、南ウイング検問所Cと北ウイング検問所Fに3個、北ウイング検問所Eに2個)。 現在は国内線のみの利用ですが、将来的には他の空港や国際線にも拡張できるよう、システムがスムーズに稼働することを願っています。

出典:IT Media、PR Times経由のJAL
トップ画像:JAL
画像挿入:YouTube/japanairlinesjp
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

JALのシステムにより、空の旅がより簡単になり、セキュリティチェックのためにラップトップ、液体をバッグに入れることができます
Source#JALのシステムにより空の旅がより簡単になりセキュリティチェックのためにラップトップ液体をバッグに入れることができます

Leave a Comment