IAEAは、福島の処理水排出量の客観的な見直しを約束する

国際原子力機関の日本へのミッションは、月曜日に、処理された低レベル放射性水を不自由な福島第一原子力発電所から海に放出する計画の客観的かつ科学に基づく安全レビューを実施することを約束しました。

IAEAタスクフォースは、2011年の地震と津波で甚大な被害を受けた工場を視察する前日に、東京で政府関係者と会談することを誓約しました。漁業コミュニティ。

タスクフォースは、日本で5日間のレビューを「客観的で信頼できる科学に基づいた方法で実施し、国内外の人々に透明性と信頼のメッセージを送るのに役立つ」と述べた。 IAEAの原子力安全保障局。

ウィーンに本拠を置く機関によると、検査は、排出計画が国際的な安全基準に沿って、公衆衛生や環境に害を及ぼすことなく進行することを保証することを目的としています。

月曜日の会議には、IAEAチームと経済省、外務省、およびプラントオペレーターである東京電力ホールディングスの関係者が参加した。

カルーソ氏は、東京の努力はこの問題に関する国際理解をさらに促進するために不可欠であるため、政府は安全性と持続可能性の観点から処理水を処理するための最良の方法を見つける必要があると述べた。

経済省の原発事故対応局長の湯本圭一氏は、政府はIAEAの見直しに全面的に協力すると述べた。

東京は、IAEAから安全性評価を受けることが非常に重要であると考えていると湯本氏は述べた。

昨年設立されたタスクフォースは、中国や韓国を含む様々な国からの多様な技術的背景を持つ独立した高く評価された専門家と、IAEAの部門や研究所の職員で構成されています。

IAEAによれば、ミッションの結果は年末までに報告書にまとめられる予定である。

湯本氏によると、このレビューは、原子力規制委員会が実施した東京電力が提出した排出計画の審議にも反映される。

工場で溶融した原子炉燃料を冷却するためにポンプで汲み上げられた後に汚染された水は、敷地内で雨水や地下水と混合して、複合施設に蓄積されています。

東京は昨年4月、トリチウム以外の放射性核種を除去する高度な液体処理システムで処理された水を、来年から希釈して太平洋に徐々に排出することを決定しました。

処理水は、2023年春頃から海底トンネルを通って福島工場から約1キロ離れた海に放出される予定です。

IAEAタスクフォースのメンバーは、国の立場で働くことは期待されていないが、個々の専門的役割を果たし、ラファエル・マリアーノ・グロッシ長官に報告する。

グロッシ氏は、政府の支援要請に応えて、IAEAは、放水前、放流中、放流後に日本を支援すると述べた。

安全性レビューは当初12月中旬に予定されていましたが、コロナウイルスの伝染性の高いオミクロン変異体が急速に蔓延したため延期されました。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。IAEAは、福島の処理水排出量の客観的な見直しを約束する
Source#IAEAは福島の処理水排出量の客観的な見直しを約束する

Leave a Comment