G7閣僚は、中国の「強制的な」経済政策に懸念を表明している

英国の外務大臣は、7人の外相グループが日曜日に、批評家が発展途上国に対する「債務の罠」外交と呼ぶ中国の「強制的な」経済政策について懸念を表明した、とリズ・トラスは述べた。

閣僚はまた、英国が発表した声明によると、北京が人権侵害で非難されている「香港と新疆ウイグル自治区の状況」と「台湾海峡の平和と安定の重要性」について話し合った。 。 イギリスのリバプールでの2日間の会談の後。

別の声明の中で、会議の一部に出席した東南アジア諸国連合のG7閣僚とそのカウンターパートは、「自由で開かれたインド太平洋地域を維持することへの共通の関心」を、中国。 軍事的および経済的影響力の増大により、地域の現状を変えようとしています。

日本の林芳正外相は、同省によれば、ASEANは自由で開かれたインド太平洋を達成するための鍵であると強調した。

G7外相は、G7会合の2日目に、ASEAN諸国のカウンターパート、オーストラリア、韓国、インドのカウンターパートと初めて会談し、表面上はASEAN加盟国10名と他の3名と調整した。中国政策に対する地域大国。

ASEAN加盟国のうち、軍に統治されていたミャンマーは、2月のクーデター後の政治的混乱に陥ったため、会議から除外された。

ASEAN側では、ブルネイとフィリピンが直接会議に出席しましたが、コロナウイルスのオミクロン変異体の蔓延により、他の7人が事実上参加しました。

ASEANグループは、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムです。

ある声明によると、G7閣僚はまた、北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルの「完全で検証可能かつ不可逆的な放棄」と、北朝鮮が「誘拐問題を即座に解決する」ことを求めた。

2日間の会談で、G7外相(欧州連合に加えて、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国)は、ウクライナとの国境近くでのロシアの軍事集中について懸念を共有しました。

大統領の発言とは別に、G7閣僚はロシアとウクライナに関する声明を発表し、モスクワがウクライナに対するさらなる軍事攻撃に従事した場合、ロシアの軍事力増強と彼の攻撃性を非難し、「それに応じて大規模な結果と深刻なコスト」に直面するだろうと述べたレトリック。

G7は、ロシアの侵略に直面したウクライナの主権と領土保全に対する「揺るぎないコミットメント」を再確認し、東欧諸国の「抑制姿勢」を称賛した。

米国とそのヨーロッパの同盟国は、ロシア軍と武器の国境地域への移動が侵略の前兆となる可能性があることを懸念している。

イランの核活動に関して、G7閣僚は、中東諸国が2015年の多国間核協定に復帰することについて、先月末にテヘランとワシントンの間で協議が再開されることを歓迎しました。制裁の救済のため。

その間、彼らはイランに「核のエスカレーションを止める」よう促した。

ミャンマーの危機はま​​た、拡大されたG7セッションの議題の一つであり、外相は、追放された文民指導者アウンサンスーチーの判決など、そこで「最近の出来事に対する深い懸念」を表明した。

日本の外務省によると、パンデミックに関しては、G7とASEANは、ウイルスの蔓延による経済的影響からの回復を確実にするための協力を促進することに合意した。

日曜日にリバプールで開かれるG7外相会議の最終日、林芳正外相が到着。 | プール/ロイター経由

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。G7閣僚は、中国の「強制的な」経済政策に懸念を表明している

Source#G7閣僚は中国の強制的な経済政策に懸念を表明している

Leave a Comment