COVID-19トラッカー:東京は11,125の新しいコロナウイルス症例を記録します

東京都は金曜日に11,125件の新しいCOVID-19症例を報告し、前週から5,004件減少し、23人が死亡した。

東京の基準に基づく重症患者の数は79人で、木曜日から2人減少した。

新規感染の7日間の平均は11,794.3になり、1週間前の14,574.6から減少しました。

公衆衛生の専門家は金曜日、東京での新しいCOVID-19の症例は、長期間にわたって上昇し続ける可能性があると述べた。

専門家は、大都市政府の会議で、オミクロンバリアントの感染性の高いBA.2サブバリアントの拡散を注意深く監視する必要があると述べた。

入院と重症例は依然として高いままです。 現在の状況が続くと、東京の医療制度は危機に直面するだろうと専門家は述べた。

月曜日までの7日間に首都政府によって調査されたCOVID-19テストの104のサンプルのうち、4つの疑わしいBAがありました。 2件。

また金曜日、首都圏政府は、18歳以上のすべての東京市民が現在教師を対象としている大量接種サイトの地域でCOVID-19ワクチンの接種を受けることを許可すると発表しました。

都はまた、老人ホームに住む高齢者が簡単に予防接種を受けられるように、移動式予防接種センターとしてバスを利用すると発表した。

他の場所では、千葉県が3,933人の症例と17人の死亡を報告し、北海道が1,930人の症例と12人の死亡を記録した。

一方、保健省によると、金曜日の全国の重症COVID-19患者数は1,503人で、前日から29人増加した。

木曜日の全国のCOVID-19感染者の死亡者数は206人で、3日連続で200人を超え、全国の1日あたりの症例数は61,259人で、前週から約34,000人減少しました。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。COVID-19トラッカー:東京は11,125の新しいコロナウイルス症例を記録します
Source#COVID19トラッカー東京は11125の新しいコロナウイルス症例を記録します

Leave a Comment