COVID-19トラッカー:日本は80,000件以上の症例と219人の死亡を記録しています

日本は土曜日に81,621人の新しいCOVID-19症例を記録し、毎日の死亡者数は過去最高に近いままであったため、219人が死亡しました。

東京は、2月12日に報告された11,765からの増加である13,516の感染を確認したが、2月11日の祝日は、1週間前に報告された数の少なさの要因であった可能性がある。

NHKの報道によると、この集計は2月8日以来の首都の週ごとの上昇を示した。

市政府の基準で重度の症状を示したCOVID-19患者の数は87人になり、前日から7人増加しました。 合計27人の死亡が記録され、そのすべてが70歳以上の人々でした。

前週に報告された平均症例数は、1週間前の16,350.4から14,824.7に減少しました。

その他、大阪府は1週間前の6,746人から12,451人、31人が死亡し、隣接する兵庫県は4,808人、15人が死亡した。 北海道は2,797人、9人が死亡、千葉県は4,468人、10人が死亡した。 愛知県では5,751人が死亡、24人が死亡した。

オミクロン誘発波のピークが過ぎたように見え、ブースターショットの展開が加速している兆候がありますが、国の試験能力は伸び続けており、地域の医療制度への負担が懸念されています。

東京ビッグサイトでの就職活動。 | DISCO / VIA KYODO

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。COVID-19トラッカー:日本は80,000件以上の症例と219人の死亡を記録しています
Source#COVID19トラッカー日本は80000件以上の症例と219人の死亡を記録しています

Leave a Comment