COVID-19トラッカー:日本は1日合計で最低の50件の新規症例を記録

月曜日に日本で確認された新しいCOVID-19感染の数は50に増加し、2021年の1日の最低数であり、2020年6月22日以来初めて50以下に達しました。

全国で、2つの新しいCOVID-19関連の死亡が報告されましたが、重病のコロナウイルス患者の数は前日から1人増加して63人になりました。

東京は同日、新たにCOVID-19の症例を報告したのはわずか6件で、昨年5月31日に5件が確認されて以来最も少ないと首都政府は述べた。

この数字は、11月15日に今年の史上最低の7を下回りました。 現在、日本の人口の76%以上が完全にワクチン接種されています。

日本の1日の感染率が低いのは、同様にワクチン接種率が高いが、依然として感染症が増加している韓国のような他の国々とは対照的です。

首都での新規感染の7日間の平均は、前週の23.0と比較して、17.1に達しました。

東京の基準で測定された重度の症状を持つCOVID-19患者の数は8人で、日曜日より1人少なかった。 感染者の中で1人の死亡が報告された。

東京のウイルス感染の累計は現在382,095人です。

首都での1日の症例数は、10月中旬以降50を下回っています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。COVID-19トラッカー:日本は1日合計で最低の50件の新規症例を記録

Source#COVID19トラッカー日本は1日合計で最低の50件の新規症例を記録

Leave a Comment