COVID国境管理により、1月の日本の外国人入国者数は61%減少

政府のデータによると、コロナウイルスのオミクロン変異体の拡散を防ぐために厳格な国境管理が導入されたため、1月に日本に到着する外国人の推定数は前年比61.7%減の17,800人でした。

前年比は4ヶ月連続で減少しました。 日本は11月30日以降、非居住者の外国人の入国を原則として禁止しており、当局は依然として感染性の高い亜種の拡散を食い止めるのに苦労しています。

日本政府観光局が発表したデータによると、1月の人口はインドが2,100人と最も多く、次に米国が1,800人、中国が1,500人、韓国が1,300人でした。

コロナウイルスのパンデミックが発生する前の2019年1月と比較すると、全体の数値は99.3%減少しました。

対照的に、データによると、今年1月に海外に行く日本人の数は前年比54%増の75,000人になりました。

しかし、それでも2019年1月の出発よりも94.8%低かった。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。COVID国境管理により、1月の日本の外国人入国者数は61%減少
Source#COVID国境管理により1月の日本の外国人入国者数は61減少

Leave a Comment