AIプログラムが刀をデザインし、15代目の刀工が刀を作りました【写真】

現代の技術は400年の刀鍛冶のスキルと絡み合っています

日本では、熟練した職人や職人が引退すると、最も才能のある見習いに自分の名前を伝えるという伝統があります。 ですから、約400年前のことですが、 川地の神国助 大阪・奈良エリアで刀を打ち出していたのですが、今でも同名の刀鍛冶がいます。 河内國平 は現在の15代目川地の神国助であり、4世紀分の伝統と技術を彼の刃に注ぎ込んでいます。

▼河内國平

しかし、歴史文化への献身は、川内が現代的なことをすることができないという意味ではありません、そして 彼の最新のブレードは未来から来たもののように見えます

そのハイテクな外観に加えて、剣にはハイテクな裏話があります。 刀を物理的に作ったのは川内ですが、彼はそれを設計しませんでした。 実際には、 それは人間によってさえ設計されたのではなく、AIプログラムによって設計されました

と呼ばれる剣 太刀は、日米のWeb3デザイン会社である河内町との共同プロジェクトです。 最終目標、東京アートオーガニゼーション スタジオしくみ。 タチのデザインは、 ジェネレーティブデザインAI3Dモデリングシステム およびWeb3テクノロジー、パラメーターは 使用する材料の量を最小限に抑えながら、ブレードの強度とグリップの快適さを最大化します。 最終的には、他とは異なるデザインになり、剣にテクノバイオロジカルなオーラが吹き込まれます。

タチという名前が選ばれたのは、使用する漢字に応じて、 言葉 tachy 「剣」または「立ち上がる/立ち上がる」のいずれかを意味することができます 日本語で、どちらもそのような革新的なブレードにふさわしいと感じています。

剣は先月ニューオーリンズで簡単に展示され、クリエイターは近い将来、日本や他の場所で展示する予定でした。 最終的にはStudioShikumiを通じて複数のユニットが販売される予定であり、スケジュールはまだ発表されていませんが、購入可能になったときはいつでも、Tachiが時代遅れに見えないことは間違いありません。

出典、画像:PR Times
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

AIプログラムが刀をデザインし、15代目の刀工が刀を作りました【写真】
Source#AIプログラムが刀をデザインし15代目の刀工が刀を作りました写真

Leave a Comment