2022年度の当初予算は107.6兆円を見込んでいます。

政府筋によると、政府は、2022年度の予算案を約107.6兆円(9500億ドル)にまとめ、10年連続で過去最高を記録する。

政府は、コロナウイルスのパンデミックへの将来の対応のために5兆円を追加し、4月から始まる会計年度の一般会計支出を準備し、4年連続で100兆円の基準を超える予定です。

情報筋によると、社会保障と国防費のコストの上昇により、予算は拡大されるだろう。

推定額は、5兆円のウイルス準備金を含む2021年度の当初予算106.61兆円を超える。

予算を賄うための新たな国債発行は、今年度の当初予算の43.6兆円から、合計36.9兆円になる可能性が高いと情報筋は語った。

予算は、政府が今年度の推定63.9兆円に対して、65.2兆円の記録的な税収を得ると想定して作成された。

政府は当初、2021年度の歳入を当初予算で57.4兆円と見込んでいたが、今年初めに追加予算を組んだことで6.4兆円上方修正され、政府の最新の景気刺激策に資金を提供した。パッケージ。

近年の日本の当初予算の約3分の1を占める社会保障費は、人口の高齢化により、2021年度から数千億円増加する。

岸田文雄首相が中国の軍事的影響力の高まりと北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対応して国家安全保障を強化すると約束したことを反映して、国防費は過去最高の5.4兆円に達する可能性がある。

岸田文雄の内閣は金曜日に予算案を承認する予定です。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。2022年度の当初予算は107.6兆円を見込んでいます。

Source#2022年度の当初予算は1076兆円を見込んでいます

Leave a Comment