2022年の日本の大西洋クロマグロの割当量は257トン増加

政府間漁業組織の決定によると、2022年のタイセイヨウクロマグロの日本の割当量は、前年比257トン増加して合計3,483トンになると、同国の水産庁は水曜日に述べた。

大西洋まぐろ類保護委員会は、最近のオンライン会議で、マグロの総個体数が回復していることを考慮して、日本のような国の全体的な漁獲制限を引き上げることを決定しました。

バーチャルカンファレンスには、日本、米国、カナダ、欧州連合など、50近くの国と地域が参加しました。

寿司の貴重な魚であるクロマグロの資源は、大西洋の西側と東側、および地中海で別々に管理されています。

委員会が9月に行った最新の評価を反映して、大西洋の西側の総許容漁獲量は376トン増加しました。 ここでの日本の漁獲枠は407トンから664トンに増加したが、東側の漁獲枠は2,819トンで変わらなかった。

委員会によると、Bigeyeの資源も回復し、総許容漁獲量は500トン増加して62,000トンになりましたが、日本の割当量は13,980トンのままでした。

次回の年次会議は2022年11月に開催されます。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。2022年の日本の大西洋クロマグロの割当量は257トン増加

Source#2022年の日本の大西洋クロマグロの割当量は257トン増加

Leave a Comment