2年前に東京のディズニーパークを訪れてからの5つの衝撃的な変化

最も重要なポイント:よく計画し、 スマートフォンを忘れずに持参してください

パンデミックにより、日本全国で多くの店舗の遅延、閉鎖、変更が発生しました。 東京ディズニーランド Y ディズニーシー それらも例外ではありません。

さらに遠く 完全に閉じる ある期間にわたって、信じられないほど人気のあるテーマパークは、ジェットコースターで叫ばないように顧客に求め、一度に公園に入ることができる訪問者の数を制限しました。

しかし、どれだけ変わったのでしょうか? 地元のディズニーファンで日本人記者のマロは、なんとかランド・オブ・ドリームスのチケットを手に入れました。彼女が最後にそこにいたときから2年間でどれだけ変わったかに驚いていました。

それで、これ以上苦労することなく、ここに彼女が最も驚いた5つのことがあります。

#1。東京ディズニーランドとディズニーシーの両方に入るまでの行列は信じられないほど長かった。

マロは日曜日に東京ディズニーシーに、月曜日にディズニーランドに行きました。 彼女は、ホリデーシーズンのために両方の公園への入場が制限され、COVID-19のオミクロン株による日本への入国に対する現在の制限と相まって、少なくともある程度の余裕があるだろうと考えました。

▼赤い矢印は公園の門を指しています。

少年、私は間違っていた。 これは、その日のドアが開く30分前の路線でした。 マロはそれが空港のように見えると思った、それが原因で社会的距離が不足していたことは言うまでもない。 入り口に近づくと、なぜ入るのに時間がかかるのかがわかりました。

▼まるで空港のようでした!

ディズニーパークは、すべての入り口にセキュリティゲートとバッグスキャナーを設置しました。 このシステムは、ゲートの一部で数年間実施されていましたが、ある時点で、公園はすべてのゲートにセキュリティ対策を拡張することを決定しました。 全体的に入るのに約1時間かかりました。

#2。ファストパスはもうありません。今ではリザーブパスになっています。

エクスプレスパスは東京ディズニーパークのゴールデンチケットのようなものです。これらのパスのいずれかを持っていれば、最も人気のあるアトラクションでもスポットをほぼ保証できます。 ディズニーパークのストラテジストなら誰でも、いつどのように入手するかを知っています。

しかし、ファストパスは提供されなくなったため、新しい戦略を考え出す必要があります。

▼基本的には、慣れている以上に並べる準備をします。

代わりに、リザーブパスが実装されています。 これらは、ファストパスのように、指定された期間内にアトラクションをキューに入れる権利を与えます。 ただし、大きな違いは、スタンバイパスを持っている人とスタンバイパスを持っていない人が同時に同じ旅行に列を作ることができないということです。

したがって、基本的に、指定されたパスオンホールド時間内にこれらのパスのいずれかがない場合、そのライドに並ぶことはできません。

▼魔法の旅はありません。

これらの予約パスは、Castle ofBeautyやBeastand ToyStoryなどの最も人気のあるアトラクションに対して発行されています。 さらに、1日1回の旅行で限られた数のパスしか提供されません。 つまり、特定のアトラクションに乗るためだけに公園に入るのが一般的になり、それらに乗る能力を失う可能性があるということです。

慎重に戦略を立て、マロをお勧めします!

#3。別の新しい宝くじベースのシステムが開始されました:フロントデスク。

東京ディズニーパークの最大の魅力の1つは、ショーでお気に入りのディズニーキャラクターに会い、会う機会ですが、運が良ければ、それはかなり難しくなる可能性があります。 ショーは現在、宝くじである「エントリー」システムで実行されます。

▼今日はラッキーですか?

数年前、マロが最後に行ったとき、良いショーの席のための抽選システムがありましたが、当時は空席からショーを見ることができました。 しかし、現在2021年12月になっているため、宝くじに当選しない限り、ディズニーのショーは表示されません。 したがって、主に番組を見ることを期待して遠くから来ている場合は、もう一度考えてみてください。

▼ちなみに、マロはどのショーを見てもチケットを獲得できませんでした。 しかし、彼はダフィーを見ました!

ポジティブなことに、キャラクター写真を撮るのが少し速くなりました! あいさつ時間はグループごとに1枚の写真に短縮されますが、そのため、応答時間は非常に高速です。

#4。スマートフォンを持参することは非常に重要です!

新しいスタンバイパスとエントリーレセプションシステムに挑戦することを計画している場合、今それを行うことができる唯一の方法は、公式のディズニーパークススマートフォンアプリを使用することです。 スマートフォンの使用は、ディズニーパークのファンがチケットを購入したりホテルを予約したりするための標準ですが、多くの場合、公園で積極的に使用する必要はありません。

▼新しいシステムで必要になり、パークレストランでQRコードを使って注文することもできます。

マロは、接触をできるだけ減らすことだと理解していましたが、少し孤独を感じたことを認めなければなりませんでした。 しかし、明るい面として、公園には現在、移行をよりシームレスにするためのスマートフォン充電器が貸し出されています。

▼そしてたくさんあるようです。

ただし、レンタルしたくない場合は、マロがモバイルバッテリーを持参することを強くお勧めします。

#5。土産物店に軽食はありませんか? 東京のディズニーパークは深刻な不足に直面しています。

マロにとって最大の驚きの1つは、有名なボンボヤージュの土産物店に軽食がまったくなかったことです。 外出時にその日の楽しさを思い出すために何かおいしいものを持っているのが伝統ですが、棚には何も食べられませんでした。

▼ポップコーンはありませんか? クッキーはありませんか? どれでも?

マロがスタッフに何が起こっているのか尋ねたとき、彼らはディズニーのスナックの在庫がひどく不足していると彼に言いました。 ディズニーのホテル店でも手に入らなかった!

12月14日以降、ディズニーアプリからディズニーパークのスナックを入手する方法がありますが、それは1人あたりの各メモリの1つに制限されています。 このシステムの終了日はサイトにありませんので、これも準備してください!

▼お土産屋さんにはまだ商品はありますが、食べられるものはありません。

マロが2年ぶりに東京のディズニーパークを訪れたときに最も驚いた5つのことです。 入場が制限されているにも関わらず、混雑していることに驚いたが、全体として、公園の常連客は社会的な距離を維持するのに良い仕事をした。

▼1日に何人入場できるのか不思議に思います。

彼女は楽しんだが、お勧め あなたの旅行を大いに計画する すぐに公園に挑戦する前に。

▼マスクを着用し、定期的に手を消毒するだけで、安心して公園を楽しむことができます!

マロは、他の多くの人と同じように、東京のディズニーパークが「通常」に戻る日を楽しみにしています。 しかし今のところ、私たちにできることは、新しいガイドラインに従い、何を想像するかです。 凍った Y もつれた 拡張は次のようになります。

写真:©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

2年前に東京のディズニーパークを訪れてからの5つの衝撃的な変化

Source#2年前に東京のディズニーパークを訪れてからの5つの衝撃的な変化

Leave a Comment