10月に登場する初めてのカーボンニュートラルな日本酒

すぐに持続可能な日本酒を飲みましょう。

持続可能で倫理的な製品に重点が置かれているため、日本では日本酒、または海外では日本酒として知られている日本のアルコールは、本当に多くのことを成し遂げています。 何世紀にもわたって、それは、米、水、酵母の3つの単純な成分で作られた、標準形のすべて天然の無添加のビーガンアルコール飲料でした。

それだけでも環境や倫理に関心のある人にとっては素晴らしい選択になるでしょうが、兵庫県神戸市のある醸造所はまだもっとできると考えています。 神戸酒心館は、1751年にさかのぼる名門酒蔵で、数々の賞を受賞し、ノーベル賞授賞式にも出酒しました。

現在、彼らは、世界初の炭素排出のない日本酒から始めて、事業全体を環境的に持続可能なものにするための大胆な新しいキャンペーンに着手しています。 福寿純米酒エコゼロ

神戸酒心館の有名な福寿酒のこのバージョンは、4つの異なる方法でこれを実現します。 最初に、彼らは醸造を実行するために、電力とカーボンニュートラルな液化天然ガスのためにエネルギー源を神戸の非化石燃焼源に切り替えました。 また、LED照明などの全体的な電力消費量を削減するために、醸造所周辺で多くの措置を講じています。

醸造プロセス自体では、 神戸酒心館では、通常のように米粒を70%まで精米するのではなく、80%までしか精米しません。。 精米量が少ないため、消費電力が少なく、大吟醸のような精米された精米よりも、フルーティーな味わいの酒よりも複雑で素朴な味わいです。

通常、酒造りでは「酒造」と呼ばれるものが使われます。 文字通り「お酒の母」と訳されているこのどろどろした蒸し米の塊は、日本酒の発酵に必要な酵母を栽培するために使用されます。 ただし、蒸し工程はエネルギーを消費するため、エコゼロの製造ではこのステップが排除されています。 その代わり、 乾燥酵母は、環境への負担を軽減し、醸造プロセス全体をスピードアップするために使用されます

▼shuboが準備されていることを示す迅速で非常に有益なビデオ

最後に、ボトル自体には、製造に追加の材料とエネルギーを必要とするラベルがありません。 代わりに、静電コーティングを介して鉛フリーインクがボトルに直接塗布されます。 これらのボトルは、10月20日から酒棚に飾られ、720ミリリットル(24オンス)のボトルあたり約1,500円(US $ 11)の小売価格が見込まれます。

エコゼロはの最初の一歩に過ぎません 2030年までに完全に排出物のない醸造を行い、2050年までにサプライチェーンのあらゆる側面にこれを拡大することを目指す神戸酒心館の持続可能な旅イニシアチブ、福寿酒が販売されている15カ国への農業と流通を含みます。 また、これらの技術を他の醸造所と共有して、業界全体がより環境に配慮した方向に進むことができるようにすることも計画しています。

神戸酒心館は、基本的な社会的責任を果たすとともに、気候変動の抑制と環境保護にも関心を持っています。 日本酒の醸造は、それが作られた地域の環境の水と土地に深く関わっています。 ですから、彼らにとって、そして私たち全員にとって、環境を守ることは、おいしい日本酒を節約することも意味します。

出典:PR Times
上の画像:パクタソ
画像を挿入:PR Times
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

10月に登場する初めてのカーボンニュートラルな日本酒
Source#10月に登場する初めてのカーボンニュートラルな日本酒

Leave a Comment