元PLDのヘビーウェイトが団結して岸田を抑えている

与党自民党の元ヘビー級政治家が協力して、麻生太郎氏と茂木敏充氏との関係を強化している岸田文雄首相とPLD大統領をそれぞれ抑制している。

二階俊博元自民党幹事長は、火曜日に東京で開かれたベトナムのファム・ミン・チン首相との会談で、「菅義偉前首相を特別ゲストとして迎えることができてうれしい」と述べた。

「二階とともに、両国の絆をさらに深めていきたい」と菅氏は答えた。

日ベトナム国会友好連盟の現会長である二階は、PLDの総評議会の副議長である森山裕氏も会議に出席した。

岸田文雄氏は、9月の党首選挙直前に、当時のPLDの書記長であった二階を倒すために、PLD幹部の任期を制限する必要性を強調した。

二階は菅政権の最も強力な後援者だったが、菅は自民党の長として再選された改革志向の党議員の支持を得るために書記長として二階に代わって動いた。

当時の菅の動きは、党内の二階派のメンバーから強い反応を引き起こした。 しかし、二階は水曜日に、彼女は菅に対して強い感情を持っていないと述べた。

岸田文雄氏が選挙で勝利して以来、議員となった二階、菅、森山氏は、安倍晋三前首相をはじめとする党の現在の大物と対峙していると批評家は語った。

岸田文雄は、現在党内最大の派閥のリーダーである安倍首相との良好な関係を維持しながら、麻生と茂木との政権をナビゲートするという彼のスタンスをより明確にした。

月曜日、岸田は東京のホテルで麻生と茂木と約1時間20分の昼食会を開いた。 麻生はPLDの2番目に大きい派閥を率いており、茂木は3番目に大きいグループの長として浮上しています。

一方、二階は党政への影響力が弱まっているように見えるが、依然として4番目に大きな派閥を率いる。 10月の衆議院選挙を通じて、菅を支持する無所属のPLD議員のグループは、選挙前の勢力をほぼ維持した。

岸田政権の運命は「菅の動き次第だ」と、かつて閣僚だった自民党員は語った。

二階周辺の人々は、短期政権は一般的に長期政権の後も続くと述べ、「岸田のターニングポイントは来年の夏の議会選挙になるだろう」と示唆した。

彼らは、菅らと協力しながら、今のところ状況を観察し続けると述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。元PLDのヘビーウェイトが団結して岸田を抑えている

Source#元PLDのヘビーウェイトが団結して岸田を抑えている

Leave a Comment