高岡市の先輩が最大50体のタヌキ像を盗んだとして逮捕された

容疑者はタヌキに飽くなき欲求を持っているようだった。

日本で過ごした人なら誰でも、巨大な睾丸にまたがる虫の目、たるんだ顎の動物の独特の彫像で道を渡ったことでしょう。 これらの陽気な生き物は タヌキ、「タヌキ」としても知られています。

うん、それはおそらく私が自分の睾丸に座った後の様子です

同じ名前の本物の動物に基づいて、民間伝承のタヌキは、超自然的な力を持つ善良であるが道徳的に曖昧な生き物です。 これらのいたずら好きな動物は、時折カブを盗んだり、人々と一緒に何かをしたりするために、頭に葉を置き、好きなように形を変える能力を上回っていません。

いくつかの点で、それらはアイルランドの伝承のレプラコーンに匹敵し、同様に日本では幸運の象徴として見られます。そのため、それらの像はいたるところに見られます。 富山県高岡市で最近盗難の標的になったのもそのためかもしれません。

2月1日 74歳の沖西清春容疑者が高岡警察にタヌキの姿を盗んで赤手で逮捕された。 彼が1か月前にさらに2回のタヌキ像の盗難の責任を負っていたのではないかと疑って、 当局は彼の家を捜索し、50匹近くのタヌキの隠し場所を見つけました

ニュースレポートには、盗まれたタヌキがすべて…そしてフクロウが1匹いることが示されています。

真のタヌキのやり方で、沖西はいくつかの犯罪を秘密裏に告白し、警察に次のように語った。 「タヌキのフィギュアを盗まれましたが、逮捕されているのかどうかはわかりません。」

容疑者に対する告発を明確にするために、警察はタヌキ像が消えた地域の誰にでも連絡するように求めています。 彼らは現在、動機を突き止めようとしています。

ニュースの読者はまた、誰かがそのようなことをするように駆り立てるのか確信が持てず、そのような軽微な犯罪の範囲に驚きを表明した。

「私はたくさん盗んだ!」
「彼は本当にタヌキが好きだったのですか、それとも別の理由がありましたか?」
「あの小さな男たちがみんな家に帰れることを願っています。」
「フクロウはどうしたの?」
「それらは確かにかわいいですが、盗むべきではありません。」
「彼はそれらすべてをどうするつもりでしたか?」
「それは彼にとって中毒になりました。」
「年をとると、この男のようになってしまうのではないかと怖いです。」

この老人が何十ものセラミックタヌキを盗んだのはなぜですか? 彼の仲間の尊敬? 彼が稼ぐために立っていた数千円(数十ドル)? それとも、それは盗むことのスリルだけでしたか?

また、タヌキが関与していると、いくつかのトリッキーが進行している可能性を排除することはできません。 たとえば、これが本物の沖西であり、頭に葉が付いている野生動物だけではないことをどのように確認できますか?

出典:NHK、八馬キコ
上の画像:パクタソ
画像挿入:パクタソ

●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

高岡市の先輩が最大50体のタヌキ像を盗んだとして逮捕された
Source#高岡市の先輩が最大50体のタヌキ像を盗んだとして逮捕された

Leave a Comment