青森のセブンイレブンに行くと、意外な「一家に一台」の商品が棚に並んでいた。

八戸市の名物料理ですが、人気の割には美味しいのでしょうか?

パンデミックの時代に、私たちは皆、通常は簡単に見つけられる製品が不足し、店が個人が購入できる金額に制限を課すというシナリオに精通しています. 供給と流通の問題、パニック買い、スキャルピング、ソーシャル メディアでのバイラル投稿や動画の拡散により、通常よりも多くの人がそれを欲しがるようになりましたが、最近では、この狂気がすぐに終息することを願っています。

私たちが期待していないのは、奇妙なものに購入制限がある場合です。 「クッキークラスト」. あれは何でしょう? 私たち自身の日本語のレポーター 佐藤さん たまたま彼らに会った 青森のセブンイレブンで 「一家に一台」という制限がありました。 なんで? そして何のために?

二泊三日の旅で 都市はありません 青森の北東の海岸で、佐藤さんはいつものように、ホテルのすぐそばの角のコンビニエンス ストアに立ち寄って、そこで何か青森限定のものを販売していないかどうかを確認しました。

最初は、故郷の東京にあるセブンイレブンと何も変わらなかったそうです。 地元の食材を使ったおにぎりやお弁当もありましたが、それだけでした。 少なくとも彼が見るまでは 大きなせんべいの巨大な袋 冷蔵弁当コーナーに!

これらが 「南部せんべい」八戸地方や岩手県で人気の大きな丸いせんべいです。 このセブンイレブンでは「プレーン」「薄ごま」「ごま」…

「豆」「砂糖」「山ごま」味。

こちらの南部せんべいは、ビスケットの老舗が作ったものです。 小山田煎餅店近くの三戸町に拠点を置いています。

しかし、これらは佐藤氏の興味をそそりましたが、その上に彼の注意を本当に引いたものがありました。 「クッキークラストは1家族1個まで」と書かれた看板。

“何?!” 佐藤さんはつぶやいた。 「クッキークラスト?! もちろん、パンのクラストについて聞いたことがありますが、クッキーにはクラストがありますか?

佐藤さんが地元の人に聞いたところ、どうやら、 かさぶたは、南部せんべいを丸く切った後の残りです。 小山田せんべい店のせんべいが大人気。 わざわざ三戸まで買いに行く人もいます。

間近で見るとこんな感じ。 フライドポテトやイカのジャーキーのように見えました。 彼らは佐藤さんにかかった 290円 ($2.07)。

クッキーのピースには、 意外と寿命が短い. 佐藤さんは11月5日に購入しましたが、11月9日に期限切れと記載されていました。 4日で食べなければなりませんが、食通の佐藤さんからすれば大した量ではありません。

佐藤さんが盛り付けてみると、よりサツマイモのように見えました。

佐藤さんは試しに1つ手に取り、一口食べました。 とても固いお餅を食べているような食感でした。 しっかりとした口当たりで、噛めば噛むほどに味わいが増していきます。 ほのかな塩味とごま味もあったが、佐藤さんは感動したとは言わなかった。

しかし、彼は1つ食べ終わるとすぐにもう1つ食べ、食べ終わったらもう1つ食べました。 彼がやめる前に、 間食の無限ループに陥っていた!

それが小山田せんべい店のせんべい生地の人気の秘密でしょう。 一度食べたら、一口食べただけで不思議な病みつきに。 干しイカと同じように、食べれば食べるほどやみつきに!

この「クッキークラスト」は変ですが、佐藤さんはできません いいえ 特別な味がなくても、試してからおすすめします。 お近くのお店で見つけたら、ぜひ試してみてください。

画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

青森のセブンイレブンに行くと、意外な「一家に一台」の商品が棚に並んでいた。

Source#青森のセブンイレブンに行くと意外な一家に一台の商品が棚に並んでいた

Leave a Comment