電力不足は、日本が老朽化した石炭火力発電所を稼働させ続ける必要があることを意味する

この夏、日本が停電をかろうじて回避したとき、成功の一部は、高砂火力発電所のような老朽化した石炭火力発電所にかかっていました。

国はよりクリーンなエネルギー源への移行を目指していますが、1968 年に建設され、退職年齢をはるかに超えていると考えられている高砂のようなサイトに大きく依存し続けています。 電源開発 (J-Power) が所有するこの発電所は、世界的なエネルギー危機と福島原発事故後の原子炉の停止の中で、ますます重要になっています。

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ登録

写真ギャラリー(クリックして拡大)

.電力不足は、日本が老朽化した石炭火力発電所を稼働させ続ける必要があることを意味する
Source#電力不足は日本が老朽化した石炭火力発電所を稼働させ続ける必要があることを意味する

Leave a Comment