重さ1.5キロの島根県産の愛宕梨。

この梨の形が洋ナシになりました。

日本の梨は、欧米でよく見かける梨とは見た目も味も全く違います。 根元が広く湾曲した形ではなく、ここのほとんどの品種はかなり球形で、より豊かでスパイシーな風味を持つ傾向があります.

それらは非常に大きくなる可能性もありますが、私たちのライター 江川たすくは最近、日本で最大の梨でさえ恥ずべき非常に特別な梨に出くわしました.. 昨年12月、島根県の片田舎を訪れた際、市営の海辺の旅館「千畳園」に宿泊した際に見つけた。

チェックインの際、Tasuku はレセプションでさまざまな地元の製品が販売されていることに気付きました。 彼は異様に大きな標本に感銘を受け、お金を払った 1本700円 そして東京に持ち帰りました。

岡山県の一部、この場合は島根県浜田市朝日町周辺など、日本でも気候の良い限られた地域でしか栽培されていない愛宕梨です。 田宿さんがホテルのスタッフにこの梨は特別な日用なのか、それとも普通のおやつ用なのか尋ねたところ、古くからこの地域の神社への供え物として使われてきたとのこと。

スタッフの方もあまり食べた記憶がないそうですが、おつまみとしても美味しいとのこと。 それはもっと、 愛宕梨は特に栄養があり、常温で1ヶ月ほど日持ちします。.

たすくは持っている一番大きなものを買いたかったのですが、大きすぎて荷物に入らなかったので、もう少し小さいもので我慢しなければなりませんでした。 これはすべて12月10日に行われました。

1月23日、たすくは愛宕梨を置いていたスーツケースを開けて座った。 持ち運び中は保護されなかったという点で少し強打されましたが、実際には驚くほどよく虐待に耐えました.

彼は本当にこの大きさを伝えたかったので、最初に通常のリンゴを手に入れて比較しました。 日本のリンゴも通常、成人の拳よりも大きいことに注意してください。 たすくは普通の梨を使っていたのですが、当時は季節外れで見つけられませんでした。

それを電気秤にかけたが、秤の上限が1キログラム(2.2ポンド)だったので、読むことができなかった。

代わりに、彼はそれを四分の一に切り、それぞれを個別に計量しました. このようにして、ナシ全体の重さを約 1.5 キログラム (3.3 ポンド) と見積もることができました。 かぼちゃくらいの大きさで、1ヶ月寝かせたものなので、変な食感かなと思っていたのですが、ナイフは新鮮でパリッとした洋ナシと同じ感覚で通り抜けました。

タスクはまた、彼のサイズの斬新さのために、味の面で彼にあまり期待していませんでした. しかし、開けてみると、洋ナシとフレッシュジュースの強烈な甘い香りが刃に漂っていました。

各四分の一はリンゴほどの大きさで、中には真珠のような白い果肉が入っていました。 たすくは、生徒の弁当箱にこんなものが入っているなんてとんでもないことを想像した。 大人の手で見るとかなりコミカルでした。

風味は完璧で、どんな洋ナシにも期待できる味でした。 欠点を見つける必要がある場合、彼女はおそらくしっかりしすぎていましたが、それだけです。 大量に入手できることを考えると、全体的にかなり良い買い物です。

タスクは、次にその地域に来たときに、間違いなく別のものを手に入れるでしょう. また、それらがどこから生えているかを確認するメモも作成します。

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

重さ1.5キロの島根県産の愛宕梨。

Source#重さ1.5キロの島根県産の愛宕梨

Leave a Comment