車のアミガラ失敗?! 岡山のトンネルは、車両が通過するのにかろうじて大きい

それは私のために作られました…そして私の車。

私たちの日本人作家 高木遥 閉所恐怖症の空間を探索するのは見知らぬ人ではありませんが、これらは一般的に自動車が移動することを目的とした場所ではありません。

しかし 葉山の2番目のトンネル 岡山県高梁市では、車を開放したまま、グリップを極力抑えています。 岡山は彼の悪いコントローラーで知られていることを考えると、それは彼を潜在的にさらに恐ろしくします。

遥はそれを知るやいなや、それをチェックしなければならなかった。

▼高橋市から約15分、この警告標識を見たとき、彼は自分が近づいていることを知っていた。 「後で、大型車は通過できません。」

とにかく大型車の道はもう少し狭いと感じた遥は、事態がさら​​に悪化することを想像するのは難しかった。

最大5分後 事態が悪化したとき

▼待って…それは トンネル? 洞窟みたい!

開口部の前にある看板は、高さがわずか2.5メートル(8.2フィート)であることを警告しています。 ほとんどの車の高さは6フィート未満であり、わずかに短いフライオーバーでは車を使用することさえできないことを考えると、操縦の余地はあまりありません。

トンネルの長さはわずか32メートル(105フィート)でしたが、遥は少なくとも2倍の長さを感じました。 おそらく インテリアは真っ黒でした、そして彼はそれを安全に運転することに一生懸命集中していました。

▼もう一方の端で出るのはそれほど広くありません。

▼明るさとトンネルの外に出てくれたことに感謝し、駐車して景色を楽しみました。

ほとんどのトンネルは正方形または円形に彫られていますが、これは石灰岩の山を貫く亀裂のように感じられました。 彼を見ているだけで、遥はいつでもすべてが崩壊するように感じた。

それはすべてとても奇妙でした アミガラ断層の謎 ホラー漫画家伊藤潤二作。 物語の中で、人々のグループは、山の側面に、彼らのような形をしていて、ほとんどフィットしない「トンネル」を見つけ、それらを通り抜けることを余儀なくされています。 このトンネルのように、それはそれを通過する車にほとんど適応しません。

興味深いことに、別の理由ではありますが、この場所に引き寄せられる人々もいました。 トンネルは実際には ロッククライミングで人気の場所、そして楽しんでいる人がたくさんいました。

▼普通の都道府県高速道路の真上、遠くないところに人が登るのを見ると、確かに違和感がありました。

▼これもありました まったく気味が悪い 山の中の石灰岩の洞窟を通る道を示す地図..。

▼…でも、洞窟に入るのはとても暗かったので、遥は数歩しか歩けませんでした。 その場所を専門家に任せましょう!

▼洞窟を調べていると、後ろを数台の車が通り過ぎてしまい、通り過ぎるスペースが少ないことにいつも驚いていました。

高橋市議会のウェブサイトによると、トンネルの建設は1914年に始まり、1928年まで完成しませんでした。 すべて手作業で彫られました。、ノミとピックを使用して、内壁にまだ見える痕跡を残します。

そして、どうやら遥は不気味なトンネルで埋め尽くされていなかったので、少し北に行って 第1葉山トンネル それも。

▼もう少し広々としていましたが、恐ろしいかもしれません。

▼…言った 潜在的に? 言いたかった 絶対に 怖い。
内装はコンクリートと思われますが、ガッツ星人のようです。

ええと、少なくとも「立ち入り禁止」などの看板が貼られたドアはありませんでした。 それはとても決まり文句でばかげているでしょうそして…

▼ああ。 あなたはそれを見ますか?
いや、遥! やめる! 立入禁止…!

▼遅すぎます。 彼の後ろには運河があった。
暗闇に流れる水。 永遠に。

そして今、私たちはそれで流れます。 夜行列車と同じ最終目的地への流れ。

写真:©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

車のアミガラ失敗?! 岡山のトンネルは、車両が通過するのにかろうじて大きい

Source#車のアミガラ失敗 #岡山のトンネルは車両が通過するのにかろうじて大きい

Leave a Comment