警視庁はフロッピーディスクに保存されていた38人の市民の個人データを失ったことを認めている

2021年の調査のデータは、ほとんどの人が10年以上前に使用をやめた形式で提供されました。

通常、組織がデータを失ったことがわかった場合、それは実際にはファイルが削除または破損していることを意味します。 しかしの場合 警視庁、今週彼らは彼らが本当に 30人以上の個人情報が入っているファイルはどこにあるのかわかりません

では、なぜ彼らはデータベース検索を実行して、クロールしようとしているデータを特定しないのでしょうか。 ファイルはデータベースにないため、フロッピーディスクに保存されます。

日本が光沢のある新しいガジェットを愛する国であるが、技術を消滅させるために「壊れていない場合は修正しない」という方針を採用することをいとわない国であるという最新の例では、警視庁 組織犯罪対策第3部では、東京都目黒区の公営住宅に申請した20〜89歳の男性38人の個人情報が入ったディスケット2枚を紛失しました。。 ディスクは、申請者のいずれかがヤクザなどの犯罪組織と関係があるかどうかの調査の一環として目黒区から提供されました。 最初のフロッピーは2019年12月に捜査のために警察に引き渡され、2番目のフロッピーは今年2月に引き渡されました。

▼そしてここでは、ファミコン/ファミコンの従業員休憩室がある古い学校だと思いました。

ディスクのサイズが5¼インチか3½インチかは公表されていませんが、当時はどちらのフォーマットも使用されていませんでした。 また、ファイルが最初に作成されたのはいつかは不明です。数年前にフロッピーディスクがストレージメディアの選択肢として広く使われていたときに、目黒のホスティングリクエストが行われ、記録された人々を警察が調査していた可能性があるためです。

いずれにせよ、目黒区は両方のディスクを警察に引き渡したが、7月にどちらも回収されていないことに気付いた。 彼らが彼の帰国を求めたとき、 組織犯罪対策セクション3は、ディスクが置かれているはずの施錠された保管室を検索したため、ディスクはどこにも見つかりませんでした。 「この重大な過ちを犯した38人の人々に深くお詫び申し上げます。」 組織犯罪対策第3部長の宮本宏氏は声明のなかで述べた。 「この種の事件が二度と起こらないように、スタッフに包括的なガイダンスを提供します。」

ファイルには個人の名前と生年月日が含まれており、組織犯罪と関係のある男性はいませんでした。。 幸い、現時点では情報の漏えいや悪用は確認されておらず、ディスクが盗まれた可能性はありますが、部門内の誰かが誤って投げてしまい、旧式では想定していた可能性があります。不要になったゴミでした。 うまくいけば、影響を受けた38人の人々は、ディスクがまだどこかに浮かんでいても、フロッピードライブを備えたPCがないと、誰もが自分の個人情報にアクセスできないという事実に安心するでしょう。 ますます少数の人々がアクセスできる何か。

しかし、警察はまだディスクを探しており、それらがどのように消えたかを調べようとしています。 研究者が新しい折りたたみ式電話を介して彼らの努力を調整しているかどうかは不明です。

出典:毎日新聞、八馬喜子、NHKニュースウェブ
上の画像:パクタソ
画像を挿入©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

警視庁はフロッピーディスクに保存されていた38人の市民の個人データを失ったことを認めている

Source#警視庁はフロッピーディスクに保存されていた38人の市民の個人データを失ったことを認めている

Leave a Comment