調査対象の日本人女性のほぼ半数は、アイドル歌手またはアニメに恋をしている

そして大多数 彼らが彼らに会いに行くとき、私は見栄えがしたいです

すべての言語と同様に、日本語は絶えず進化しており、近年新しい意味を帯びてきた単語は おし。 もともと動詞の名詞形 大須、または「サポート」は、ファン文化で採用されていることを意味します 好きなアイドル歌手、声優、アニメスターなど、非常に強い献身的な有名人やキャラクター

あなたが会ったことのない人、または実際には本物ではないキャラクターにそのような恋愛を展開することは、男性オタクの排他的な傾向のように見えるかもしれませんが、不足はありません おしのある女性 それも。 何人かを計算するために、日本の市場調査会社Cross Marketingは、20歳から49歳までの500人の女性を調査しました。 ほぼ半分、46.6パーセントがオシを持っています

おしを持っていることの一部は参加しています おしかつ、またはコンサート、会議、その他のファンイベントに行くなどの「おし活動」。 おしかつイベントの準備について聞かれると、 オシの女性の大多数、81.8%は、到着する前に自分のベストを尽くすためにさらに一歩進んだと言っています、以下にリストされている自分自身をグルーミングする特定の方法で:

おしかつイベントに行く前に、私は:
●スキンケア製品を使用する:回答者の79.5%がオシを持っている
●ダイエットをする:65.8パーセント
●髪の毛がきれいに整えられていることを確認してください:59%
●私の爪が正しく行われていることを確認してください:43.6パーセント
●足の見栄えを良くする(特別なマッサージや着圧ソックスを着用):27.4%
●その他:5.1パーセント

▼あのオシカツプレゲームをやらなきゃ。

もちろん、パンデミックが続いているため、オシカツイベントの数は減少しており、発生しているイベントの規模ははるかに小さくなっています。 ただし、回答者は、事態がすぐに正常に戻ることを望んでいます。 調査した500人の女性のうち、全体として、パンデミックが終わったら何をしたいのかを尋ねたところ、16.8%がイベント会場で再びおしを見たいと答えており、地元を訪れるのを楽しみにしていると答えた女性よりも多くの女性がいます。両親に会う (15.2パーセント)。 これらの数字は、おしを持っている女性だけでなく、回答者の全分野を対象としていることを考えると、おしを見つけた人にとっては特におしの魅力が強いようです。

出典:PR Times
表紙画像:パクタソ(SoraNews24編集)
画像挿入:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

調査対象の日本人女性のほぼ半数は、アイドル歌手またはアニメに恋をしている

Source#調査対象の日本人女性のほぼ半数はアイドル歌手またはアニメに恋をしている

Leave a Comment