調査によると、ほとんどの日本人労働者は少なくとも週に2回は自宅で仕事をしたいと考えています。

若い労働者と年配の労働者は イデアル数のさまざまなアイデア、 でも。

昨年、パンデミックの真っ只中に、多くの企業が リモートワーク 安全のためですが、最近では多くの企業がオフィスに戻ってきており、多くの労働者が失望しています。 自宅で仕事をすることには、テレビ会議での自宅の様子に戸惑ったり、突然カメラの見え方に気づいたりするなど、確かに多くの課題がありますが、日本の多くの人が 在宅勤務は、オフィスに足を踏み入れるよりも魅力的です最近の調査によると。

エンジニアリングキャリアサポートマガジン エンジニアのためのファブクロス 駆動 首都圏に住む20歳から59歳までの4,494人を対象にした調査 2021年8月16日から9月8日まで(東京と隣接する埼玉県、千葉県、神奈川県で構成される)。参加者は、製造技術者1,352人、IT技術者1,878人、在宅勤務者1,264人で、リモートワークについて意見を述べた。 。

▼回答者の内訳。 「製造エンジニア」は濃い青、「非エンジニア」は水色、ITエンジニアはオレンジ。

調査で最も興味深い質問の1つは次のとおりです。 「理想的には、どのくらいの頻度で自宅で仕事をしたいですか?」 だった回答者の間で 20、30、40歳の間に、回答者の最も高い割合が、毎日自宅で仕事をすることを好むと回答しました。。 20代の20%、30代の30.2%、40代の24%が「週に5日以上」と回答しました(「またはそれ以上」は、週に平均5日働いていない人や定期的に働いている人向けです。週末の残業)。

ただし、50代の人にとっては、よりバランスの取れたスケジュールが望ましいようです。22%が「週3日」を選択したため、これは年齢層で最も人気のある回答でした。 ただし、20%が「週に5日以上」を選択したため、おそらく多くの高齢労働者は、理想的にはオフィスで過ごす時間を減らし、自宅で過ごす時間を増やしたいと考えています。

▼「在宅勤務の理想的な周波数を教えてください。」 結果は年齢(20、30、40、50)で縦に並べられています。
青:週5日以上。 オレンジ:4日; 水色:3日; 黄色:2日; 緑:1日; ターコイズ:月に1〜3回。 ネイビーブルー:在宅勤務は必要ありません。 赤:わかりません。

しかし、グラフに基づくと、 調査したすべての年齢層のほとんどは、少なくとも週に2回は自宅で仕事をすることを好みます。各年齢層の73%以上が、「週2日」から「週5日以上」の範囲で回答したためです。

ありました 調査したさまざまなタイプの労働者間のいくつかの違い。、 それにもかかわらず。 たとえば、自宅で仕事をするのが難しい製造エンジニアは、自宅で仕事をする時間を増やすかどうかで、はるかに分かれていました。 最も人気があったのは「週3日」で20.2%だったが、18.3%が「週2日」、17.9%が「在宅勤務は必要ない」と答えた。

▼上から下へ:製造業型技術者、IT型技術者、非技術者。
青:週5日以上。 オレンジ:4日; 水色:3日; 黄色:2日; 緑:1日; ターコイズ:月に1〜3回。 灰色:在宅勤務は必要ありません。 ピンク:わかりません。

エンジニアではない多くの管理者は、「週3日」が自宅で仕事をするのに理想的な量(25.6%)であることに同意しましたが、かなりの部分が週4日または5日でも投票しました。 一方、ITエンジニアは、ほとんどの場合、自宅で仕事をすることを好むようでした。 彼らにとって最も人気のある回答は「週に5日以上」(36.4%)でした。

調査の主な目的は、製造エンジニアが たぶん……だろう 自宅で仕事をし、それを簡単にするためにどのようなツールが必要でしたか、 私たちのほとんどにとっての結論は、多くの人々が 欲しいです 自宅で仕事ができる、理想的には少なくとも週に2、3日

これはエンジニアリング業界に焦点を当てた小さなサンプルサイズですが、日本人労働者が自宅で仕事をすることを許可されたことから生まれた無数の良いものに基づいて、多くの人々が通常の40からの逸脱を高く評価すると言うのは正しいようです時間。 オフィスで毎週。 Square Enixのような大手企業は、すでに従業員に在宅勤務を選択するオプションを恒久的に提供しているため、これらの調査によって、より多くの企業が追随するようになることを期待できます。

出典:PR Times
上の画像:パクタソ
画像を挿入:PR Times

●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

調査によると、ほとんどの日本人労働者は少なくとも週に2回は自宅で仕事をしたいと考えています。

Source#調査によるとほとんどの日本人労働者は少なくとも週に2回は自宅で仕事をしたいと考えています

Leave a Comment