観光客は、京都の金閣寺近くで偽のボランティアガイドについて警告しました

「ギア」は、市の停止要請にもかかわらず、通勤者を悩ませ続けています。

世界的に有名な観光地を訪れるときはいつでも、常に自分のことをよく知っておく必要があります。 京都金閣寺。

黄金のパビリオンは、毎年何千人もの観光客を魅了していますが、一部の訪問者にとっては、経験が損なわれています。 近くのバス停でガイドを装った人.

最近オンラインで話題になったツイートによると、観光客も地元の人々も、地元のバス会社で働いているかのように振る舞うように見える偽のガイドから嫌がらせを受けており、地方自治体は、男と彼の望ましくない行動によって警告されます。

▼ツイートは、金閣寺近くのバス停に京都市が掲示した看板を示しています。

標識には次のように書かれています。

当バス停でのハラスメントについて

このバス停では、交通局外の人が無断でバスガイドを務めており、厳しい言葉遣いや身体接触による嫌がらせがあった。

運輸支局は誘導や嫌がらせをやめるよう繰り返し求めているが、解決していない。 市バスをご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

今後も京都府警察と連携し、ハラスメント防止に努めてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 また、悪意や身の危険を感じた場合は、110番通報してください。

2021年3月
京都市交通局

自動車部運輸課

上記のメッセージが最初に表示されたのは 1 年以上前ですが、地元住民によると、男性は今でも定期的にバス停を訪れ、首には「ボランティア ガイド」と書かれたひもを巻いています。

▼グーグルマップのバス停のこの画像は、バスが到着する前にガイドをしている男性を示しているように見えます.

関係者全員にとって悲しい状況であり、解決が困難であることが証明されています。 オンラインのコメントは、状況に対してさまざまな反応を示し、次のように述べています。

「私はこの老人を何度も見てきました。 彼はこの地域で非常に有名になりましたが、良い意味ではありません。」
「またボランティアガイド詐欺?」
「彼はおそらく一人で、一人暮らしをしているでしょう。」
「身体的接触があった場合、それは暴行罪の根拠にならないのですか?」
「あなたが私文書を見せてほしいと頼んでいると聞きました。」

「私は他の地域でそのような人々を見てきました。 時々彼らはあなたをだましてお金を与えさせます。」
「それを見た外国人観光客に、バス会社で働いているのかと聞かれたので、働いていないと答えました。 誰かが外国人にもこれについて警告する必要があります。」
「日本語の標識の横に英語や他の言語の標識を追加する必要があります。」

先月、国が観光客への国境を再開した後、海外からの訪問者が日本に戻ってきたので、京都市は、この地域で公共交通機関を使用する外国人のために標識の翻訳を追加する必要があるかもしれません.

京都の観光地は昨年、パンデミックのために不気味なほど静かだったかもしれませんが、街は賑やかなエネルギーを取り戻し始めています. この男が必要な助けを得て、京都への訪問者がバスを利用している間、平和と静けさを楽しむことができることを願っています.

フォント: ツイッター/@soooo1659 ジン経由
主な画像©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

観光客は、京都の金閣寺近くで偽のボランティアガイドについて警告しました

Source#観光客は京都の金閣寺近くで偽のボランティアガイドについて警告しました

Leave a Comment