西日本の男が誤って受け取ったCOVID資金で4600万円を返済することを申し出る

慣れ親しんだ人によると、自分の町から誤って4,630万円(358,000ドル)のCOVID-19救済金を受け取ってから賭けてしまった西日本の男性は、今や無謀であり、「少しずつ」返済したいと考えています。ケース。

山口県のアブに住む24歳の人は、以前に返済を拒否しており、その人によると、彼はいくつかの海外のインターネットカジノですべてのお金を使ったと言った。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。西日本の男が誤って受け取ったCOVID資金で4600万円を返済することを申し出る
Source#西日本の男が誤って受け取ったCOVID資金で4600万円を返済することを申し出る

Leave a Comment