著名な政治家によると、円安により、日本は外国人観光客に急いで再開するはずだという

元首相は、為替レートが前例のない機会を生み出していると考えています

今週の金曜日、日本はついに外国人観光客に再開され、2年間の旅行停止の後、インバウンドツアーグループが国内に入ることが許可されます。 これは、コロナウイルスのパンデミックの間、世界で最も厳しい国境管理のいくつかを維持してきた日本にとって大きな一歩ですが、 ある著名な日本の政治家は、インバウンドのレジャー旅行者に対する残りの制限をできるだけ早く撤廃することを望んでいます。

菅義偉 2020年から2021年まで日本の首相であり、前任者の安倍晋三が健康上の理由で辞任したときにその地位に就いた。 それ以前は、菅長官房長官を7年半以上務め、2019年に日本の新皇帝時代の名である礼和を発表したことで、国民の認知度をさらに高めました。

パンデミックの影響が日本で感じられるようになる前の最後の1年である2019年に、日本はこれまでで最も多くの海外からの31,882,049人の訪問者を迎えました。 その数は2021年にはわずか245,862人に減少しましたが、 菅氏は、日本経済に大きな影響を与えている円安のおかげで、日本の観光客数は回復するだけでなく、さらに高い記録レベルに上昇する可能性があると考えています。

円はここ数ヶ月で米ドルに対して急落しました。 月曜日の為替レートは1ドル132円に下落しました。 20年間で日本の通貨の最低値、そしてそれは水曜日にドルに133.5円に達して、下落し続けています。 これは日本の消費者や海外から物を買う企業にとっては悲痛なニュースですが、それは 海外からの旅行者にとって、為替レートは20年以上前よりも有利です

先週末、横浜で行われた演説で、菅氏は衆議院議員として国会に出席し、「現在、日本国内では円安の悪影響しか感じられていない」と述べた。 「しかし、日本に来る旅行者にとって、これほど良い状況はありません。 他国との交渉において、私は政府に国境を緩和するよう要請します [restrictions]、および制限の排除 [on the number of inbound foreign travelers] できるだけ早く行う必要があります。」

国土交通省によると、 2019年のインバウンド外国人観光客は日本で約4.8兆円を費やしました (食費・宿泊費を含む)ので、日本が無制限の外国人観光に開放されると、円の需要が膨らみ、最終的には他の通貨に対する円高につながる可能性があります。 しかし、早く日本に到着する外国人にとっては、有利な為替レートが深刻な掘り出し物を生み出す可能性があり、菅は訪問者がその機会をすぐに利用できるようになることを望んでいます。

出典:HachimaKiko経由のJ-CastNews
上の画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

著名な政治家によると、円安により、日本は外国人観光客に急いで再開するはずだという
Source#著名な政治家によると円安により日本は外国人観光客に急いで再開するはずだという

Leave a Comment