自衛隊将校が毎年の清掃中に姫路城壁から脱落

ユネスコの世界遺産に登録されている姫路城の毎年恒例の清掃に参加している陸上自衛隊の隊員が火曜日に外壁から転落し、足を骨折したと地元の消防士が語った。

姫路市の消防署によると、20代の男性は、ライフラインが誤って外れた際に、約10メートル地面に倒れた。

GSDFの約450人のメンバーが参加しました ススハライ 午前7時30分から始まる毎年恒例の2日間の運営の初日の城の外壁と瓦屋根の清掃

消防署は午前9時10分ごろ、自衛隊員の1人が城壁から転落したとの電話を受けた。 男は外壁の東側で働いていた。

GSDFキャンプ姫路のメンバーは、1976年からトレーニングの一環として城で年末の清掃作業を行っています。水曜日までに合計約900人のメンバーがこのタスクに参加します。

1609年に現在の形で建てられたこの城は、1993年にユネスコの世界遺産に登録されました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。自衛隊将校が毎年の清掃中に姫路城壁から脱落

Source#自衛隊将校が毎年の清掃中に姫路城壁から脱落

Leave a Comment