自治体はブースター注射の投与を早期に開始します

一部の自治体は、木曜日に、当初の計画よりも早く、介護施設の居住者にCOVID-19ワクチンの追加接種を開始しました。

京都市と大阪府でコロナウイルスの市中感染が確認された後、市町村は強化のための準備を急いでいます。

しかし、ブースターショットを早期に取得することが期待されるのはごくわずかです。

中央政府は先週、ナーシングホームの人々の2回目と3回目の注射の最小間隔を8か月から6か月に短縮することを決定しました。

大阪市浪速区の老人介護センターが木曜日にブースターショットの投与を開始した。 6月下旬に2回目の注射を受けた12人の住民とスタッフがその日にワクチン接種を受けました。

「彼らが私を守るために早期にワクチン接種を受けることを許可してくれたことに感謝しています」と彼女のブースターショットの後に88歳の居住者は言いました。 「私は安全だと感じています。」

92歳の居住者は、彼がオミクロン株に怖がっていると言いました。

東京の23の特別地区の中で最も人口の多い世田谷区は、同じ日に2つの高齢者介護センターで最初の予防接種を開始しました。

来年3月末までに、区内の約1万5000人の入居者と介護施設の職員にブースターショットを与える予定だ。

世田谷区の保坂展人市長は記者団に対し、「オミクロン株は世界中で大混乱を引き起こしている」と語った。 「急いで」

首都の文京区と練馬区も木曜日に3回目の注射を開始しました。

箏、北、板橋の各区に加わり、当初の予定よりも早くブースター注射を行った。

「中央政府による政策発表の遅れにより、早期予防接種を実施するのに十分な人員を確保するために戦っている」と、ブースター注射を予定より早く実施した市政府当局者は不満を述べた。

また木曜日に、保健省は、5歳から11歳までの子供たちのCOVID-19ワクチンが来年3月から始まると予想されていると言いました。

子供用のワクチンは、強度と用量が大人用のワクチンとは異なります。 同省は、米国の製薬会社ファイザー社の来月の小児用ワクチンの要求を承認するかどうかを決定する準備ができています。

政府はすでに、子供向けのものを含め、2022年までに追加のワクチン供給で1億2000万回分のファイザーとの契約を結んでいます。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。自治体はブースター注射の投与を早期に開始します

Source#自治体はブースター注射の投与を早期に開始します

Leave a Comment