自作の火炎瓶を持った男が東京の米国大使館の外で警察に拘束された

しょくむしつもんストップで焼夷弾発見.

日本では、と呼ばれる警察の練習があります 「しょくむしつもん」 これは「雇用問題」と訳されます。 基本的には、路上で立ち止まって簡単な質問をするもので、警官があなたの名前、仕事、何らかの身分証明書、そして通常はその地域で何をしているかの説明を尋ねます.

頻繁に標的にされるレポーターの佐藤氏のように、質問を受ける側にいる法を遵守する市民にとっては、面倒に感じるかもしれません。 この慣行の表向きのポイントは、警察官が直感を使って、犯罪が発生する前に疑わしいと思われる人に近づき、関与できるようにすることです。 東京の港区で月曜の夜に職無失言を誘発する疑惑が正確であることが判明した.

午後9時頃、 警官は、米国大使館前の路上で 20 代の男性を止めました。. 職業を聞かれると、大阪出身の大学生とのこと。 その後、警官は彼が持っていることに気づきました ぼろきれに包まれた彼のポケットのカップ、そして彼らがそれを検査したとき、警察は火薬であると信じている粒状物質を含んでいることがわかりました.

銃規制が厳しい日本では、爆発物を簡単に手に入れることはできないが、男性は自分で火薬を作ったと語った。 「オンラインで火薬の作り方を調べた」と警察に語った。 「私は大使館にそれを投げるためにここに来ました。」

この男は現在、日本の火薬類取締法違反の疑いで取り調べを受けており、建物への放火の試みを公然と認めた後、無罪放免になる可能性は低いと思われます。先月の自作拳銃による安倍晋三元首相の殺害と、2019年の京都アニメーションのスタジオ攻撃.

出典:ライブドアニュース経由のニテレニュース、ジン、時事経由
トップ画像: ウィキペディア/Rs1421
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

自作の火炎瓶を持った男が東京の米国大使館の外で警察に拘束された
Source#自作の火炎瓶を持った男が東京の米国大使館の外で警察に拘束された

Leave a Comment