職員室の会話を生徒のタ​​ブレットに録音、山口県の高校が危機的状況に

テックは先生の微妙な話についてうわさ話をしました.

数年間、 日本の学校は、教科書を生徒 1 人につき 1 台のタブレットに置き換える Giga School プログラムを採用しています。. 娘も持っていますが、かなりおしゃれです。 たとえば、自宅での読書や音楽の練習を録音して、先生にアップロードするために使用できます。

しかし、新しいテクノロジーには、新たな問題が発生する可能性があります。 これは、山口県岩国市の高校が苦労して学んだことです。

市教育委員会によると、 10 月 31 日、教師は数人の生徒が机の上にタブレットを置き忘れていることに気付きました。. 教師はそれらを集め、保管のために教師用ラウンジの机の上に置きました。

しかし、マスターの知らないうちに タブレットの1つは、録音機能もオンのままでした. これは特に残念だったので 同時に、教師のグループは、何人かの生徒について実際にどのように感じているかについて互いに話し始めました..

翌日、教師は生徒にタブレットを返却しましたが、前日に録音していたことにまだ気づいていませんでした。 録音が意図的なものなのか偶発的なものなのか、正確に何が言われたのかは不明ですが、録音を見つけた後、学生がそれをクラスメートに送り始めたので、それはジューシーだったに違いありません.

噂が広まった後、音声で言及された生徒の1人が月の初めから学校に通わなくなり、音声が録音されていた教師が行方不明になりました。 学校関係者は、録音のコピーを持っていた、または名前が記載されていたすべての生徒の家に行き、謝罪しました。

教育長も記者会見で謝罪した。 「子供たち、教師、地域社会に不安を与えてしまったことを非常に残念に思います」と彼は言いました。

しかし、オンライン ニュースの読者は、この事件の真の責任者について意見が分かれていました。

「あの先生は、彼らが仕事に来るのをやめさせるために何を言ったでしょうか?」
「スタッフは一瞬たりとも油断できません」
「何気ない会話でそんな悪いことを言う先生は、とにかく何かがおかしい。」
「理事会が謝罪する理由がわかりません。 明らかに、学生は意図的にこれを行いました。」
「録音のことは忘れてください。 教師が生徒の登校を妨げるような会話をしている場合、それが問題です。」
「あの壁が話せたら…」
「生徒が陰で教師の悪口を言わないわけではない」
「それを記録して広めた子供が問題だ。 人の陰で話すのはごく自然なことです。」
「すべての教師をAIに置き換えます。」

AIでさえ、時々少し生意気になることが知られているので、最後のコメントについてはよくわかりません. しかし、この事件は、おそらく教師の労働条件を改善して、そのように発散したくないという気持ちにならないようにする必要があることを明らかにしています.

出典:NHKニュースWeb、八馬機工
トップ画像:ぱくたそ
画像挿入: パクタソ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

職員室の会話を生徒のタ​​ブレットに録音、山口県の高校が危機的状況に

Source#職員室の会話を生徒のタブレットに録音山口県の高校が危機的状況に

Leave a Comment