羽生結弦が国のタイトルとオリンピックのスポットに向かう途中で目がくらむ

2度のオリンピック金メダリストである羽生結弦は、切望されていたクワッドアクスルをわずかにひねりましたが、全日本総合バドミン選手権で男子シングルスの王冠を守ることに成功したため、日曜日のフリースケートでは完璧でした。

大会で初のスケーターを目指した羽生は、2月の北京冬季オリンピックで再びメダルを獲得するという魅力的なパフォーマンスで、さらに3回のクアッドジャンプを達成しました。ゴールド。

金曜日の彼の卓越したショートプログラムの後に9.43ポイントをリードし、27歳の彼は冬季オリンピックの最後の日本の予選イベントで合計322.36のフリースケーティングで211.05を獲得しました。

平昌オリンピック銀メダリストの宇野昌磨は個人記録295.82で2位、18歳の元ジュニアナショナルチャンピオンの鍵山優真は彼のキャリア最高の292.41でフィニッシュし、埼玉スーパーサンドで表彰台を獲得しました。

「正直、ほっとしました」とフリースケーティングの準備で氷を取り、興奮に圧倒された羽生は語った。

「6分間のウォーミングアップの前から、泣きそうになったような気がしました。」

羽生は北京でアメリカの世界チャンピオンのネイサン・チェンと金メダルを争うと予想されていたが、足首の負傷が続いたため、3年連続のオリンピックタイトルへの期待が揺らいでいた。今シーズン。

しかし、彼の壮大なショートプログラムでの競争からの8か月の欠席を終えた後、現在6回の全国チャンピオンは、4本指ループ、3本指ループ、トリプルアクセルなどの組み合わせを組み合わせて、フリースケーティングで彼の支配的な形を維持しました-ダブル。 トウループ。

羽生は以前、北京でとらえどころのないクアッドアクセルを試みることを示していました。そこでは、1928年のスウェーデンのギリスグラフストロム以来、最初の3度の男子オリンピックチャンピオンになるために競います。

「私は一生懸命練習し続けます」と彼は言いました。

男子大会終了後、全国チャンピオンの羽生結弦(右)、準優勝の宇野昌磨(中央)、3位の鍵山優真がファンを迎える。 | 共同通信

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。羽生結弦が国のタイトルとオリンピックのスポットに向かう途中で目がくらむ

Source#羽生結弦が国のタイトルとオリンピックのスポットに向かう途中で目がくらむ

Leave a Comment