羽生結弦が世界選手権を欠場して負傷

日本スケート連盟によると、フィギュアスケートの羽生結弦選手は、北京オリンピックで負った足首の捻挫が完全に治っていないため、今月の世界選手権に出場できないとのこと。

2度のオリンピック金メダリストは、中国の首都で開催された2022年冬季オリンピックでのフリースケーティング中に2回転倒し、男子個人競技で4位に終わりました。

彼は3月21日から27日までフランスのモンペリエで開催されるISU世界フィギュアスケート選手権に出場する予定だったが、三浦佳生が代わりに派遣されるとJSFは声明で述べた。

組織は、「北京五輪で負傷した右足首関節の捻挫が治っていないため、羽生はこのイベントでスケートをすることができなかった」と語った。

羽生結弦(27)は、2月の大会で3回連続の金メダルを獲得し、4連アクセルの試みを含む長いプログラムで破産しました。これは、スケーターがこれまで競技に上陸したことのないものです。

しかし、日本の「氷の王子」は、悪名高い困難なジャンプを釘付けにしようとしたときに、2回転倒しました。

羽生は後に、フリースケーティングのためにひもで締めるために鎮痛剤の注射が必要であることを認めた。

「朝の練習中の痛みがひどくて、どうしたらいいのかわからなかったが、6分間のウォーミングアップの約10分前に鎮痛剤を投与され、競技することができた」と彼は2月に語った。 14のニュース会議。

2回のフォールにもかかわらず、羽生の無料プログラムは24人のファイナリストの中で3番目に優れていました。彼の計画したクアッドサルコウが氷の穴であると言ったことで窮地に立たされた後、8位にランクされたショートプログラムの改善です。

「正直なところ、今回はすべてがうまくいかなかったように感じますが、私は最善を尽くしました」と彼は、米国のスター、ネイサン・チェンが金メダルを獲得した大会後に記者団に語った。

シルバーとブロンズは、日本のスケーターの鍵山優真と宇野昌磨が撮影しました。

羽生の右足首靭帯は何年もの間彼に問題を与えてきました。 彼は2018年平昌大会のわずか数か月前に同じ足首を痛め、そのイベントの直前に氷に戻った。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。羽生結弦が世界選手権を欠場して負傷
Source#羽生結弦が世界選手権を欠場して負傷

Leave a Comment