群馬県でだるま発祥の地を訪ねる

いくつかの珍しい丸い住民の本拠地。

だるまは、日本でよく知られている幸運のシンボルです。 傾いても倒れない丸い形の人形は、 菩提達磨、禅宗の開祖とされる僧侶.

達磨は壁を見つめながら瞑想したと言われています。 彼がまばたきしたとき、最終的に彼の目を引き抜いた 何年にもわたって目を開けて瞑想した後。 彼の手足は、何年にもわたる不動の後に脱落したと言われていましたが、僧侶はずっと頑張っていました。 だるまは、目も手足もない姿でこの忍耐の物語を語ります.

▼だるまを持っている人は、願い事をしながら目玉を描いて、空白の目を埋めます。 その願いが叶うと、もう一方の目を塗ります。

画像:ぱくたそ

だるまは日本全国にありますが、だるま発祥の地として広く知られている場所が 1 つあります。 少林山達磨寺 群馬県高崎市にあります。

少林山だるまじには数え切れないほどのだるまがあり、ユニークな体験ができます。 来場者向けだるま絵付け. 人里離れた場所にある魅力的な目的地ですが、そこに行く価値は十分にあります。

▼お寺は群馬八幡駅から徒歩20分ほど。

駅から寺までバスで行くこともできますが、本数が少なく、90分ほど待たなければならないこともあるので、歩くのがおすすめです。

▼美しい田園風景に囲まれていると、散歩20分もあっという間に過ぎてしまいます。

この地域はだるまが自慢なので、橋のたもとなど、散歩中のさまざまな場所でだるまを見つけることができます。

川を渡るとすぐに山門に到着。

門をくぐると、長く急な石段が迎えてくれます。

それらの階段を上ると、あなたは…別の石の階段に迎えられます。

ここは、手水舎で手を清めるのに最適なスポットです。

▼最後の階段を上ると、本堂が待っています。

本堂には、色も大きさもさまざまなだるまが、数千とは言わないまでも数百個展示されています。

だるまが積み重なっていて、まるで日本のゲームセンターに飾られているぬいぐるみのようです。

一見の価値ありですが、本堂はだるま体験の始まりに過ぎません。

お参りのあとは、この大きなだるまに足を運んでみると…

▼ …だるまおみくじがいっぱいのガチャガチャマシン!

おみくじは神社仏閣で常時ランダムに販売されているので、購入システムとしてはガチャ機が最適です。

ただし、おみくじガチャマシンを見つけることはまれであり、その中にあるものも同様にまれです.

1個400円で、ランダムな色のだるまとおみくじが付いてきます。

あなたの運勢を解明すると、幸運から幸運まで、さまざまなレベルの運が明らかになります…

▼ …やばい、こんなの!

万が一、不運に見舞われても心配いりません。指定された場所に結んで、神様におまかせください。

座って自分だけのだるまを作ることができるだるま屋に行けば、そんな心配はさらに解消されます。

カウンターで好きな大きさと色を選び(小さいだるまは800円、大きいだるまは1,200円)、絵筆と絵の具、説明書を渡されて、自分だけのだるまを作ることができます。

だるまには、空白の眼窩だけでなく、他にもいくつかの特徴があります。 眉毛のような形をしています 二羽の鶴、に行く ひげ、似ています 二匹のカメ、長寿の両方の縁起の良い兆候。

▼ヒゲや眉毛は自由に表現して作品を作ってください。

だるまはいつも特別だけど、 だるま発祥の地で自分だけのだるま作り 家に飾ったときにあなたの顔に笑顔をもたらす独自性の別のレイヤーを追加します.

だるま発祥の地といわれるお寺への参拝は、忘れられない体験となるでしょう。 こんなにたくさんのだるまが一度に見られるのはめったにありません!

だるまじは年中無休ですが、お寺の年中行事の 1 つである大滝揚げが行われる 1 月は、訪れるのに最適な時期の 1 つです。 大炊きとは、持ち主の願いを叶えた双眼の人形を大きな焚き火で燃やす老だるまの供養です。

視覚的にも印象的な一大イベントで、だるま発祥の地を訪れた思い出がさらに深まります。

寺院情報
少林山達磨寺 / 少林山達磨寺
住所:群馬県高崎市花高町296
群馬県高崎市鼻高町296
営業時間 午前 9 時~午後 5 時 (平日)。 午前8時30分~午後5時(週末)
Webサイト

画像: 特に断りのない限り SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

群馬県でだるま発祥の地を訪ねる
Source#群馬県でだるま発祥の地を訪ねる

Leave a Comment