統一教会が岸田にとって頭痛の種になった理由

先月の安倍晋三前首相の暗殺を受けて、彼の党と統一教会との結びつきが国民の支持を弱めているため、岸田文夫首相は水曜日に内閣改造を行うと予想されている。

ソーシャルメディアの投稿や報道によると、安倍首相を殺害した容疑者は教会に恨みを持っており、教会が母親を破産させたと主張し、教会を宣伝したことで安倍首相を非難した.

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ登録

写真ギャラリー(クリックして拡大)

.統一教会が岸田にとって頭痛の種になった理由
Source#統一教会が岸田にとって頭痛の種になった理由

Leave a Comment