移民法のレビューの影響についてメディアが分かれた

小売業界向けのニュースサイトであるDiamondChain Store Onlineは、11月19日、ビザ手続きを自由化し、より多くの外国人労働者が日本に滞在することを許可するという政府の計画を概説したロイターの記事についての記事を公開しました。 無期限に、しかし彼らは彼らの家族を彼らと一緒に暮らすように連れて行きます。

ストーリーは、提案された変更がサイトの読者にとって何を意味するかを説明しています。 現在、日本に無期限に滞在できるのは特定の種類の外国人労働者だけです。 建設業や造船業を除いて、外国人労働者の居住期間は5年に制限されています。 提案された改正は、日本で働くことを許可されたほとんどの外国人のこの制限を取り除くでしょう、ダイヤモンドチェーンストアが強調する見方は、国の労働力不足によるものです。

2019年、政府が特定のスキルを持つ人々の入国管理規則を緩和したとき、今後5年間で345,000人の外国人労働者が日本に来ると予測されましたが、その後COVID-19が発生しました。 過去2年間、日本企業が利用できる外国人労働者(技術研修生や学生ビザ保有者を含む)の数は、すでに国内にいる人に限られています。 政府は、例外的にビザの更新を許可している人もいます。

この記事は、主流の報道機関がレビューについて報告したことの多くを繰り返していますが、1つの重要な違いがあります。 ダイヤモンドチェーンストアは、レビューが承認された場合、影響を受ける労働者の一部は「永住権を申請する機会」を持つと主張しています。 ほとんどのメディアはそのように明確に言っていませんでした。 事実、松野博一内閣官房長官は、定期的な記者会見で、この変更が永住権の付与につながることを否定した。

ダイアモンドチェーンストアがその読者に永住権のためにより多くの外国人労働者が並んでいる可能性があると言ったという事実は、政府がレビューをしようとする際に直面する問題を浮き彫りにしている。 経済界は政府に、より多くの外国人労働者を雇用できる状況を作り出すよう圧力をかけていますが、一部の国民は、より多くの外国人がここに住むことを望んでいます。 外国人労働者が家族を連れてくることを許可するという考えそのものは、多くの日本人にとって危険信号です。

より多くの外国人労働者が滞在することを許可した最新の移民法レビューに照らして、レビューの全範囲を報告する際のメディアの注意は理解できます。 日本の特定のグループが不満を述べており、新しい提案は、2019年に実施された前回のレビューで提示されたポリシーの延長です。 ソーシャルメディアの反応 岸田文雄首相の辞任を求める最新の提案に賛成だが、岸田文雄首相就任前の長期計画の一部であることは明らかである。 与党のより保守的な党首が首相になったとしても、この提案が変わったのではないかと疑っている。

2019年のレビューによると、特定のセクターの労働者は1〜3年間日本に滞在できるとのことですが、厳格なテストを必要とせずにビザを無期限に更新するオプションを提供しました。 野党は、状況が緩和されたためではなく、正面玄関が狭いままであったためにレビューに反対し、それは潜在的な移民を技術見習い制度を悩ませてきた種類の仲介者の搾取にさらし続けた。 そして、彼らが入ると、たとえ彼らが無期限にとどまることができたとしても、彼らが適応するのを助ける特別な社会福祉はありません。 経済界を満足させるために変更が加えられましたが、労働者の福祉は扱われていませんでした。

11月26日に発行された朝日新聞へのインタビューで、人口問題の研究者である是川夕は、パンデミックの前に、日本は技術的に「移民を受け入れ」、無期限滞在の対象となる職種を拡大していると述べた。 新しい改訂で提案されたように、より多くの外国人が住み、働き、家族を育てるために日本に来るでしょう。 これらの新参者が社会的に追放されることを望んでいるので、外国人労働者はリスクにもかかわらず日本で働くことを選択していることを覚えておくことが重要です。 それらをもっぱら哀れみの対象として見ることは、日本に来ることへの彼の情熱を誤って伝えています。 その情熱が金銭的利益への欲求から生じたとしても、それを否定したり軽蔑したりしてはなりません。 日本は、他のどの非石油生産アジア諸国よりも多くの労働者、特に教育を受けた労働者をアジアから引き付けています。 この願望は認められるべきであり、これらの個人は彼らが住み、働く地域社会にとって貴重な資産として歓迎されるべきです。

そのような感謝を植え付けるのは難しい人もいます。 11月29日の東京新聞の「本根」欄で、参議院議員の佐藤正久氏は、武蔵野市が提案した、外国人住民が市政に関する国民投票に投票できるようにする計画に反対するツイートを引用した。 佐藤氏は、計画が承認されれば、中国は8万人の中国人住民を日本から武蔵野に移し、市政を管理すると主張した。 宮古は、ばかげていることに加えて(「何万人もの人が引っ越したら、どこに住むのだろうか」)、佐藤の理論は外国人嫌いだと言う。

しかし、佐藤氏のツイートの背後にある感情は珍しいことではないが、それは与党の一員として佐藤氏が支持することが期待されている政府の移民審査計画を狂わせることはないだろう。 長野県のコンビニエンスストアのオーナーがオミクロンの変種の恐怖で国境を閉鎖したことで希望が打ち砕かれたように、雇用主は労働者を見つけることに必死です。 朝日新聞に、11月8日に統制が緩和されたとき、おそらく雇える留学生の到着を期待していたが、「その明るい光は消えた」と語った。

メディアミックスの貢献への追加を表示するには、www.philipbrasor.comにアクセスしてください。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。移民法のレビューの影響についてメディアが分かれた

Source#移民法のレビューの影響についてメディアが分かれた

Leave a Comment