私たちのうんち動物に触れてください、東京博物館は招待します

UnkoMuseumは日本で最新のかわいいがらくたを展示します

2019年のオープン以来、日本の ウンコ美術館 (現在は東京にあります)芸術的に面白い世界への訪問者を歓迎しています うんこ、 また うんち。 でも、食べて消化したことのある人なら誰でも知っていることですが、時間の経過とともに新しいうんちが作られ、今月はうんこ博物館がデビューします。 うんち動物の新しい展示

いいえ、動物のうんちではありません。 展示のスターは うんこどうぶつ、文字通り「うんち動物」、表情豊かな尾とファッショナブルな色で柔らかい毛皮で覆われたかわいい(?)小さな感性の糞の渦巻き。

施設では、ウンコドゥブツを次のように説明しています 「雲子美術館の中で生まれた新しい生活形態。」 彼らの経歴によると、彼らは実際には博物館が存在している間ずっと存在していましたが、 「過去3年間で人間の糞のレベルが上がった」結果として、肉眼でそれらを見ることができるようになったのは今だけです。

雲子博物館では、尻尾を振ったり、喉を鳴らしたり、呼びかけたり、喧嘩になったりする環境で12点の標本を展示します。。 明らかに、貧しいペリシテ人として公開されるだけで博物館に現れるのは恥ずかしいことではないので、展示を訪れる前に、この新しい分類法の分野の種に慣れてみましょう。

▼うんこどうぶつはいつも体が成り立っていることに気付くでしょう 3つの渦巻き。 これ以上、またはそれ以下で、あなたはただ髪がくっついているパステルカラーのうんちの普通の山を見ているだけです。

●● 芝湾雲光 (柴犬に関連)、光太ろう(こたろう)とわさび(わさび)に代表される
●● ミケーニャウンコ (三毛猫):メロン(めろん)といちご(いちご)
●コンコンウンコ (狐):うどん(うどん)とこむぎ(こむぎ)
●● 木堀ウンコ (リス):りこ(りこ)
●● 白雲光 (雪国のうんこどうぶつ、おそらくホッキョクグマに関連している):おもち(おもち)
●● ペルーニャウンコ (ペルシャ猫):ジェニー(ジェニー)
●● ブルーンタウンコ (クラゲに関係していると思われる不思議な海のうんこどうぶつ):ラムネ(らむね)
●● あらいうんこ (アライグマ):シマポ(スイート)
●● 立神雲子 (ライオン):キング(キング)

博物館によれば、雲子堂渕は優しく撫でられるのが大好きで、カメラのフラッシュの明るい光も好きだとのことです。、訪問者は気軽に離れてソーシャルメディアで写真を共有できます。 博物館のギフトショップで入手できるUnkoDoubutsuのアイテムのおかげで、マシュマロの形でいくつかのうんち動物を食べたり、常に鍵の近くで渦を巻いたりする機会もあります。

Unko Doubutsuの展示は、6月16日にデビューします。東京の犬の糞のマスコットキャラクターであるSoftKuriinuが立ち寄れることを願っています。

関連:ウンコ美術館
出典:ITメディア経由のPR Times、Unko Museum
上の画像:ウンコ美術館
画像を挿入:PR Times、Unko Museum
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

私たちのうんち動物に触れてください、東京博物館は招待します
Source#私たちのうんち動物に触れてください東京博物館は招待します

Leave a Comment