福島放流後の海産物保護に300億円

日本の産業省は、福島第一原子力発電所からの処理済み放射性水の海への計画された放出に続く可能性のある水産物の価格の下落の可能性に対処するために300億円を割り当てることを計画しています。

同省は、政府が計画している2021年の財政補足予算に充てられる資金で、放射性物質であるトリチウムをまだ含んでいる処理水を放出することによる潜在的な評判の低下に漁師が対処できるよう支援することを目指していると情報筋は述べた。

政府は、水を希釈した後、2023年春頃に海に放流する予定です。 福島県の東京電力ホールディングスの工場は、2011年3月の地震と津波により被害を受けた直後に3回の崩壊に見舞われました。

政府は今年8月、放射線に関する誤った情報を避けるために、日本の水産物の安全性に関する包括的な情報を提供し、水の放出が海洋環境に与える影響を徹底的に調査することを約束しました。

政府当局者によると、300億円は日本のシーフードの評判を損なう可能性のあるものに備えるためのものだという。

具体的には、漁師を数年間支援するための新しい基金が創設されます。

輸出の減少など、放水に関する誤った情報の不利な展開は、地震や津波、原発事故の影響を受けた地域だけでなく、他の地域の事業者にも影響を与える可能性があるため、この基金は全国で漁獲された水産物を対象としています。エリア。

産業省は、援助を与えるための選択基準を詳しく説明します。 水の放出が値下げを引き起こしたことが確認された場合、同省は漁業グループやその他の人々が新しい販売チャネルを開発するのを支援します。

同省はまた、魚製品の冷凍貯蔵の費用を賄うための支援を提供することを検討している。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。福島放流後の海産物保護に300億円

Source#福島放流後の海産物保護に300億円

Leave a Comment