福島の企業は、父親の育児休暇取得率の低さに対処するために取り組んでいます

男性の育児休業取得率が13.5%と全国平均の14%を下回っている福島県では、企業が育児休業の取得を促進する取り組みを進めている。

対策としては、特定の人にしかできない業務を作らないようにする、サポートマニュアルを発行する、などがあります。 福島県も補助金を拡充して対策を後押ししている。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

福島の企業は、父親の育児休暇取得率の低さに対処するために取り組んでいます

Source#福島の企業は父親の育児休暇取得率の低さに対処するために取り組んでいます

Leave a Comment