福島に戻る:除染された都市は住民のために再開されましたが、そこに住んでいる人はいますか?

ポスト黙示録的なゾンビ映画に住みたいと思ったことがあるなら、今がチャンスです。

2020年、日本人レポーターの江川佑が2都市を訪問しました 福島県 事故に遭われた方 福島第一原子力発電所2011 年 3 月の東日本大震災の際に発生した。

▼タスクは、原発からそれぞれ5キロ(3マイル)と11キロ離れた双葉と富岡を訪れた。

20キロメートルの立ち入り禁止区域内であること、 両方の町は事故後に避難し、2 年間ゴーストタウンと化した. 2013年、政府は都市の一部の地域を日中のアクセスのみに開放し、他の地域は放射線レベルの上昇により閉鎖されたままで、タスクを訪問した2020年まで続きました.

タスクの前回の訪問時には、両方のステーション周辺に新しい除染エリアが開かれ、土地が再び居住可能であることの兆候として古い閉塞が取り除かれていました。

除染された県道165号線と国道6号線富岡夜ノ森駅前(2020年3月)

駅の西口側は正常に戻り、東側は封鎖されたままだった。 しかし、両側の脇道は一般人に対して立ち入り禁止のままであり、Tasuku などのジャーナリストを含め、封鎖の反対側に入る者には許可が必要です。

すべての訪問者と同様に、タスクは高レベルの放射線のために特別な防護服を着用する必要がありました.

2020年に戻って幹線道路と駅舎しか入れなかったこの地域の唯一の生命の兆候は、空の交差点の警備員と、再建に関与した車両と労働者からでした。

両方の町は、特に地方自治体が今後 7 年間で何千人もの住民を再配置することを計画していたため、清掃と再開発の面で彼らの仕事を切り詰めていました。

タスクはこの目標を達成することに大きな期待を寄せていたので、今年初めに都市の再定住が本格的に始まったとき、彼は富岡と夜の森駅に戻り、2年間でどのような進展があったかを確認しました.訪問。

というわけで、先述の県道165号線と国道6号線をはじめ、2020年と現在の違いを記録した写真集を見てみましょう。

現在、バリケードは完全になくなり、交差点は通常のように見え、1 つの角に自動販売機が集まっています。

この道をまっすぐ進むと、住宅ビルの1階にヤマザキコンビニエンスストアチェーンの支店があります。

現在はバリケードはなくなりましたが、シャッターは閉めたままカーテンを閉めたまま、まるでゴーストタウンの怖い家のようです。

国道6号線を南下しながら、たすくは前回訪れた際に撮影した鮮やかな色の集合住宅を思い出した。

案の定、建物はまだそこにあり、茂みとバリケードは撤去されていましたが、私道と左側の店の窓のシャッターは少し摩耗しているように見えました.

タスクは歩けば歩くほど、英国のゾンビ映画のジムのキャラクターのように、終末後の世界を歩いているように感じました。 28日後. ただ、ここは映画のセットではなく、かつて 4,000 人ほどの人々が住んでいた現実世界の都市でした。

通り過ぎた多くの建物の窓にはカーテンが引かれていて、人が住んでいるように見えた. しかし、そこは不気味なほど静かで、奥深くでは、これらの住居は放棄されていたので、そのカーテンの後ろに誰もいないことをタスクは知っていた. 11年前の緊急事態。

▼ それでも彼は、イノシシとふっくらとしたオスのキジを見たこの道以外のどこかに生命の兆候が見られることを願っていました.

しばらく歩き回った後、たすくはついにこの新しいアパートを見つけて安堵のため息をついた.

近くには建設会社のプレハブの事務所らしき解体された建物があり、復興関係の臨時出勤者らしき人が住んでいた。

2 本の幹線道路は撤去され、通行可能になったが、タスクは、地元の公園などの他のエリアが立入禁止区域として封鎖されており、都市全体がまだ通常の状態に戻っていないことを示すいくつかの顕著なリマインダーに遭遇した.

夜の森公園として知られているように、閉鎖されているのには正当な理由があります。フェンスの向こう側の線量計によると、ここの放射線レベルは 毎時0.413マイクロシーベルト。 除染地域に関する環境省の要件は、 毎時0.23マイクロシーベルト.

公園内の高レベルの放射線は、公衆を健康上の問題の危険にさらすことになります。これは、災害の前にリラックスしてリラックスするのに適した場所であったように思われるため、非常に残念です.

しかし、それは除染作業を困難にする巨大な空間であり、近くの丘からの広がりを見ると、かつては湖だったに違いない(下の青色でマークされた)草や雑草が生い茂っています。

市に来る前に、Tasuku さんはここに住んでいて、地震の後で近くの郡山に引っ越した美容院のオーナーに会いたいと思っていました。 前回夜ノ森を訪れた際にタスクと合流した彼は、今年避難指示が解除されると聞いて、またここに引っ越すのを楽しみにしていると語った.

しかし、政府によるこの地域への居住禁止は、市内の大部分で依然として実施されており、今年の 4 月以降、駅の片側にある指定されたエリアのみが住民に開放されています。 これまでのところ、市に住むことを申し込んでいるのは約 10 人だけで、Tasuku の友人がここで美容院を再開できるようになるまでには、長い時間がかかります。

▼理髪店跡地が空き地に。

ゴーストタウンに住むのはもちろん、そこで事業を営むことも難しいため、政府はゴーストタウンを支援するためにより多くの住民を引き付けようと、来年春までにより広い地域を居住可能にすることを望んでいる.

ただし、事業主の多くはゼロから始めるため、多くの政府の支援が必要になります。 例えばこのヨークベニマルスーパーマーケットは、2020年から2年で完全に取り壊され、現在は空き駐車場になっています。

正直なところ、この 2 年間、タスクが期待していたほど街は発展していませんでした。 都市の一部が再開されたにもかかわらず、その場所はまだ本当のゴーストタウンの雰囲気があり、駅の無人の待合室は特に不気味で、中にはトイレと椅子しかありませんでした.

それに比べて、次にたすくさんが訪れた双葉駅の待合室は、とても居心地が良く、生命力にあふれていました。

夜の森は特に美しい通りに並ぶ桜の並木で有名であり、この地域への人間の立ち入りが禁止された 10 年間に桜の木が絶滅することが懸念されていましたが、今年ようやく通りが開放されました。 2011年以来初めてそれらを楽しむために。

▼気象庁が桜の開花を宣言する地元の「基準木」は健在。

現在、夜ノ森には主に遺跡、イノシシ、太ったキジが生息しており、潜在的な居住者にとって魅力的ではありません. とはいえ、まだ桜が咲いているので、この辺りも早く開花してくれそうです。

駅が開通し、電車が走っている今、街は立ち直る必要があります.2年後には、Tasukuの友人のヘアサロンがオープンし、他の繁栄が見られることを楽しみにしています.ビジネス。 .

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

福島に戻る:除染された都市は住民のために再開されましたが、そこに住んでいる人はいますか?

Source#福島に戻る除染された都市は住民のために再開されましたがそこに住んでいる人はいますか

Leave a Comment