石炭の世界的な偽善| ジャパンタイムズ

インドは、有毒な空気が首都ニューデリーを飲み込んでいるにもかかわらず、石炭消費量の削減に抵抗したとして非難された先月の国連気候変動会議(COP26)の悪役として何とか浮上しました。

グラスゴーでの同国の犯罪容疑は、中国に加わって、石炭を「段階的に廃止」するのではなく「段階的に廃止する」ことを約束した会議の最終声明の土壇場での変更を主張していた。 これが、一人当たりの二酸化炭素排出量が世界のトップ排出者の数分の1であるインドが、気候変動との世界的な戦いを妨害していると広く批判された理由です。

皮肉なことに、インドは中国や先進国の西側よりも地球の温​​室効果を強めるために行ったことがはるかに少ないのです。 確かにこの国は石炭を大量に消費しており、そのエネルギーの約70%を石炭から得ています。 しかし、2015年のように、インドの人口の少なくとも4分の1は、先進国のほとんどすべての人ができることを当然のことと考えることができませんでした。壁のスイッチを入れて、光を浴びてください。

さらに悪いことに、インディアンは気候変動の最大の犠牲者の1つであり、季節外れの壊滅的な洪水や干ばつに定期的に耐え、汚染された空気で窒息します。 デリーは、年間を通じて「深刻」から「危険」に至るまで、空気の質が悪い例です。 原因には、石炭火力発電所から排出されるPM2.5粒子、交通量の多い煙、産業汚染、近隣の州の農民による作物の無精ひげの燃焼などがあり、これらはすべて冬の霧と組み合わされています。

しかし、発展途上国の主要な声としてのインドの伝統的な役割を考えると、それはCOP26で土壇場での言語変化の顔になりました。 石炭消費に関する「段階的廃止」の文言は、会議で以前に署名された米国と中国の間の二国間気候協定にすでに現れていた。 それでも、インドは世界の恥の焦点になりました。

インドはスケープゴートに値するものではありません。 まず第一に、この国は世界の人口の17%を占めていますが、世界の二酸化炭素排出量の7%しか発生していません。 (世界の人口の18.5%を占める中国は27%の排出量を生み出し、世界の人口の5%未満を占める米国は15%を占めています)。 無駄な消費と持続不可能なエネルギー消費が西側にたくさんある間。 、ほとんどのインド人は自給自足レベル近くに住んでおり、多くはエネルギーにアクセスできません。 先進国が現在宣伝している目標をインドが達成することを期待することは不公平で非現実的です。

何百万人ものインド人を貧困から救うために不可欠な経済発展には、エネルギーが必要です。 石炭は汚染されている可能性がありますが、発展途上国がスケールアップする必要のあるよりクリーンな代替品に迅速に切り替えることは現実的ではありません。

さらに、莫大な財源と天然ガス(インドが輸入しなければならない)のようなよりクリーンな化石燃料へのアクセスを持っているにもかかわらず、西側諸国はほとんど何もしていません。 彼らは貧しい国々への気候資金の約束(特に2009年にコペンハーゲンで開催されたCOP15で提供することを約束した年間1,000億ドル)を実現できず、高度なグリーンテクノロジーの移転を拒否しました。 また、COP26は、西側で広く使用されている石油やガスではなく、開発途上国で使用されている石炭を強調しています。

インドのエネルギー需要は、今後20年間で、他のどの国よりも急速に増加すると予想されています。 2015年にパリで開催されたCOP21以来、インドは再生可能エネルギーの生産と使用を増やすという野心的な計画を発表しました。再生可能エネルギーは現在、発電量の18%しか占めていません。 そしてCOP26で、インドは2070年までに正味ゼロ排出量を達成するという誓約で炭素を段階的に廃止するという明確なコミットメントを補完しました。

インドはまた、国が決定する貢献を更新しました。これは2030年までに満たす必要があります。インドは現在、設置済みの再生可能エネルギー容量を500ギガワットに増やし、非化石燃料源からのエネルギー需要の50%を満たすことを約束しています。 さらに、インドは二酸化炭素排出量を10億トン削減し、排出原単位(経済成長の単位あたりの排出量を測定)を2005年のレベルから45%削減することを目指しています。

今のところ、石炭に代わる実行可能な選択肢はありません。 豊富な太陽光に恵まれたインドは、太陽エネルギー愛好家になり、2022年までに屋上太陽光発電設備から40 GWのグリーンエネルギーを生成する予定です。しかし、これまでのところ、目標の20%にはほとんど達していません。 大量の太陽エネルギーを一晩で生成することはできず、バッテリーの貯蔵は依然として高価ですが、インドではグリーン水素技術と設備がまだ利用できません。 風力発電はごくわずかであり、国はかなりの石油とガスの埋蔵量を欠いています。 原子力発電はインドの電力の2%未満しか占めておらず、原子力発電所は常に周辺地域の住民からの反対に直面しています。

その結果、温室効果ガス排出量に関するインドのパフォーマンスは、改善する前に悪化します。 BPの調査によると、世界の排出量に占めるインドの割合は2040年までに14%に上昇します。それまでに、石炭は国の一次エネルギー消費の48%を占め、再生可能エネルギーはわずか16%になります。 また、人口のほぼ3分の2を占める農業への依存度が高く、家畜の数が多いため、COP26で発表されたメタン排出量削減に関する世界的合意に署名しませんでした。

もちろん、排出量を削減することは、気候変動と戦う唯一の方法ではありません。 インドは、国土の3分の1を森林に覆われ、2030年までに、さらに25〜30億トンの大気中の二酸化炭素を吸収するのに十分な樹木を植える予定です。 2001年から2019年の間に森林被覆が5.2%増加して開始されましたが、進捗は不均一であり、北東部は森林被覆を失い、南部は目に見えて改善しています。

それでも、気候変動に関する政府間パネルは、2050年までに世界の正味排出量をゼロにすることが、地球温暖化を産業革命前のレベルよりも摂氏1.5度高く制限するために必要な最低限であると述べています。 Climate Action Trackerは、2030年の各国の現在の気候目標に基づいて、世界は2100年までに2.4 Cの気温上昇に向かっていると推定しています。一部の科学者は、地球温暖化が最終的に4Cを超える可能性があると警告しています。

これが起こった場合、結果として生じる熱波、干ばつ、洪水、海面上昇は、人命の壊滅的な損失、動植物種の大量絶滅、そして私たちの生態系への不可逆的な損害を引き起こすでしょう。 インドはそのような災害の主な犠牲者の1人になるでしょう。 したがって、国は気候災害の防止を支援するために誠意を持って努力しますが、それは実行可能な範囲内でのみです。

元国連事務次長で元インド外務大臣兼人的資源開発大臣であるシャシ・タルールは、インド国民会議の副大臣です。 ©ProjectSyndicate、2021。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。 石炭の世界的な偽善| ジャパンタイムズ

Source#石炭の世界的な偽善 #ジャパンタイムズ

Leave a Comment