知事協会の調査でCOVID-19ワクチンが効果的であることが判明

全米知事協会のタスクフォースは日曜日の調査報告書で、新しいコロナウイルスに対するワクチンは、COVID-19の症状が悪化するのを防ぐのに効果的であると述べた。

調査は、今年の夏の第5波感染時の、日本の47都道府県のCOVID-19の状況と、コロナウイルスとの闘いで講じられた対策に焦点を当てました。

報告書によると、伝染性の高いデルタ変異が優勢であった第5波の感染は、第4波の2倍の速さで広がりました。 新しい陽性の症例が爆発的に増加し、多くの地域で健康と医療システムが危険にさらされていると彼は述べた。

新たな感染例の中で、ワクチン接種を受けた人の割合は非常に低かったと報告書は述べています。 新潟県では、ワクチンを2回注射した後にウイルスに感染した人の重症COVID-19症状は確認されなかったと彼は述べた。

岡山県を含む都道府県は、営業時間の短縮を求める声が新たな陽性例の減少につながり、飲食店の感染群の数も減少したと報告した。

しかし、奈良県は、第5波の営業時間の短縮をレストランやバーに求めておらず、より短い時間の要求がある場合とそのような要求がない場合の新しい感染症例の数に明確なギャップはないと結論付けました。 。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。知事協会の調査でCOVID-19ワクチンが効果的であることが判明

Source#知事協会の調査でCOVID19ワクチンが効果的であることが判明

Leave a Comment