真夜中に日本の高校のチャイムが鳴り、田舎町を狂わせる【動画】

なんかJホラー映画みたい.

日本では長い間、夏は不気味な物語の時期でした。背筋をゾクゾクさせる寒気は、夏の暑さからの一時的な解放と見なすことができます。 日本の怪談のもう 1 つの癖は、廃屋よりも空の学校で起こる可能性がはるかに高いことです。おそらく、これらすべての教室や廊下は、コンパクトな日本の家よりも、不自然な存在や言いようのない行為にはるかに多くのスペースを提供するためです.

そんなわけで、夏が終わろうとしているちょうどその時、山口県大島の町で、学問的で信じられないほど不気味なことが起こりました。. 大島はそれほど大きな町ではないので、日が暮れるととても静かになります。 しかし、月曜日の夜、沈黙はこれによって打ち砕かれました。

10時頃 学校のチャイムが鳴り始めた. もちろん、これは授業が終わって生徒が帰宅した後のことです。 しかも、そこから聞こえていた音は 大島昇仙高等学校、最大 500 メートル (1,640 フィート) 離れたところで聞こえる可能性があります。

チャイムも一度鳴らして止まることはなく、予定外だったのに鳴り続けた。 当番の学校職員が、チャイムの放送機器の電源を切ることに成功しましたが、チャイムは再び自然に鳴り始めました。.

チャイムは真夜中頃まで鳴り続け、最終的に学校のスタッフが機器の電源コードを引き抜き、最終的に停止しました。

ビデオで聞こえるチャイムは、日本の他の何百もの学校で使用されているものと同じ音色とメロディーであり、他のほとんどの状況下では、ほとんどの日本人に懐かしさを呼び起こします. しかし、タイミングを考えると、Twitter のコメントには次のようなものがあります。

「こ、こわいよ。」
「注意:ホラーストーリーです。」
「電源を落としたのにまた起動するなんて、おかしな話ですよね」
「それは何かのようなものです [J-horror movie] 学校の怪談。

学校によると、すべては機器の故障によるもので、翌日修理が行われたという。 それ以来、深夜のチャイムは聞こえていないので、それは単なる不具合だったのかもしれませんし、夏が終わって幽霊が来年まで眠っているだけかもしれません.

出典:中国新聞 Yahoo! ジン経由の日本のニュース
トップ画像:ぱくたそ(SoraNews24編集)
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

真夜中に日本の高校のチャイムが鳴り、田舎町を狂わせる【動画】
Source#真夜中に日本の高校のチャイムが鳴り田舎町を狂わせる動画

Leave a Comment